オンラインでUFOキャッチャーができるNETCHをやってみた(まあまあ楽しい)。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインクレーンゲームサービスのまとめと比較

 

最近ネットで見つけた面白いものの一つがNETCHというウェブサービスです。

このサイトではなんと、ゲームセンターのUFOキャッチャーを自宅で楽しむ事が出来てしまいます。

 

自他ともに認めるUFOキャッチャー好きの僕は、試しにこのNETCHとやらをやってみましたので今回はその体験談を紹介します。

※操作画面のスクリーンショットを撮影しておいたのですが、なぜかデータが消えてしまいましたので文章のみで失礼します。

 



会員登録をしてクレジットカードでお金を払う

NETCHを楽しむ為には会員登録をしなければいけません。

会費などは一切無く、登録だけならすべて無料でしたのでご心配なく。

会員登録が済んだら軍資金の入金です。

NETCHではNETCHポイント(NP)という通貨が使われています。

レートは以下の通りです(30000円とか誰が入金するんですかね)。

 

入金額 付与ポイント ボーナスNP お得NP
1,000円 10.300NP +300NP なし
3,000円 31,200NP +1,200NP 300NP お得!
5,000円 52,500NP +2,500NP 1,000NP お得!
10,000円 106,000NP +6,000NP 3,000NP お得!
30,000円 324,000NP +24,000NP 15,000NP お得!

 

とりあえず、1000円を入金して10300NPをゲット。

 

欲しい景品がある台を選ぶ

「どうせ台は少なく景品のバリエーションもたいした事はないんだろうなぁ」と思っていたらビックリ。

NETCHにはかなりたくさんの台が用意されていて、景品の数もなかなかのもの。

一般的なUFOキャッチャーの景品であるキャラクターのぬいぐるみからたこ焼き機までなかなか飽きない景品のラインナップでした。

とりあえず、よさそうな景品のある台に移動する。

 

いざプレイ

台についたら早速プレイです。

一プレイ1050NPで一回100円ぐらいということですね。

入金をして、スタートを押す。

矢印マークが作動して、そこを押す事で画面上のクレーンを動かすことができます。

一回目、ちょうど景品の真ん中で止まっていい感じにつかめそうだが一切つかまない。

二回目、クレーンはちょっとずれて景品が斜めにちょっと動く。

三回目、これまた景品の真ん中で止まっていい感じにつかめそう。だがつかめない。

 

 

 

 

 

 

これは無理!

と判断した僕は違う台に行く事に。

すると、よくゲームセンターにあるような、ピンポン球をクレーンでつかんでたこ焼き機の穴(一個だけあたりがある)に入れるゲームを発見。

「ほう、これならアームの弱さも心配ないな」と判断し、この台で遊ぶ事に。

一回目、ピンポン球をつかみ、たこ焼き機へ。はねて明後日の方向へ飛ぶ。

二回目、またピンポン球をつかむ、たこ焼き機へ。今度は目的の穴の近くに入る(おしい!)

三回目、ピンポン球をつかめない。

四回目、ピンポン球をつかむ、たこ焼き機へ。はねる・・・・・・当たり穴へ入る。

何と4回目で当たりました。

これはビックリ。

ヘッドフォンが当たりました。

マイページを確認する

景品を獲得すると、マイページに獲得景品と、どの発送状況が表示されるようです。

確認すると、ふむふむ、しっかりと獲得景品の詳細(いつゲットしたかなど)と発送状況(取ったばかりなので未発送)が更新されている。

公式によると、週に3回発送しているよう。

 

調子に乗って金をつぎ込む→商品を受け取る。

この商品ゲットを皮切りに、僕はさらに入金額を増やしてまい、1時間ぐらいNETCHで遊んでしまいました。

金額としては5000円はいってしまったと思います。

おそらくこのサービスの危険なポイントは、クレジットカード決済の為、お金を使っているという実感がわきにくく、お金をバンバンとつぎ込みやすいという所だと判断しました。

しかし、つぎ込んで全くの坊主だったわけではなく、何個かさらに景品をゲットしました。

 

NETCHから景品が届いた!

 

開けるとちょっと雑に梱包されてる

開けるとちょっと雑に梱包されてる

 

headphone

ちゃっちいヘッドフォンと

 

なんで取ったのかわからない自宅警備員マット

なんで取ったのかわからない自宅警備員マット

 

 

なんでこんなにもいらないものを取ってしまったんだろうと落ち込む

これは普通のゲームセンターにも言えるのですが、UFOキャッチャーって「その景品が欲しい!」というより、「景品をゲットしたい」という欲求の方が大きいですよね。

なんだかNETCHをやっていたら、その気持ちが高まってきてしまって、どんどんとお金をつぎ込んでしまいました。

今回取った景品はおそらく二度と日の目を見ることもなく、押し入れにしまったままになるでしょう(オークションで売るか)。

 

総評

さて、NETCHの総評です。

まずは単純に楽しかったです。

エンターテイメントの制度としては普通のゲームセンターと変わらなかったですし、景品のラインナップも非常に良かったです。

機械の操作にも不自由はなく、何も問題はなくゲームを楽しむ事ができましたし、景品の発送もなかなか早かったです。

 

しかしちょっと感じたのが、たこ焼きゲームで少しピンポン玉が不自然な動きをしたと言う事。

クレーンでつかんで落とされたピンポン球がなぜか、機械の奥の方に吹っ飛ぶことが多かったです。

ネットで調べてみると、「送風機を使っているのではないか」という意見が大変に多かったので、おそらくあれは使っていると思います。

けれど、全く穴に玉が入らないということはなかったので、クレームを入れようとは思いませんでした。

人によってはいらつくかもしれませんので、気にする方はやらない方がよいでしょう。

 

最後に、NETCHは一度はまってしまうと、お金の消費が半端ないということを頭に入れておいてください。

僕は知らず知らずのうちに5000円以上をつぎ込んでしまいました。

しばらくはお昼ご飯なしかなぁ・・・。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>