会社を解雇されたら行う手続きとは

当サイト「会社解雇されたら」では会社を解雇された後に行う手続きや、それに関連する法律の解説、さらに再就職に有利な情報を紹介します。

詳しくは右のメニューからご覧ください。

 

 

会社を解雇された後にやるべき事

会社を解雇された後にはやるべき手続きがたくさんあります。

中には時間の制限があるものもありますから、早めに自分のやるべきことを確認しておきましょう。

 

会社を辞めた後に行う手続きは次の通りです。

 

①雇用保険の手続き

雇用保険は失業中の生活を支えるもっとも大事な制度です。

大まかな流れは

1. 会社から離職票を受け取る

2.ハローワークに求職の申し込みをする(ここで待機期間7日(人によっては30日間の給付制限))

3.雇用保険受給説明会に行く

4.ハローワークに行き失業の認定を受ける

5.振込

となります。

詳しくは雇用保険の手続き方法で解説しています。

 

②健康保険の手続き

会社を辞めると今までの健康保険は使えなくなります。

しかし、日本は国民皆保険制度を取っていますので、国民はいずれかの健康保険に加入しなければいけません。

国民健康保険の手続きには時間制限がある場合がありますから注意しましょう。

選択肢としては次のようなものがあります(リンク先で詳しく解説しています)。

① 国民健康保険に加入する

② 健康保険の任意継続者になる

③ 親族の被扶養者になる

 

③年金の手続き

今までは会社が変わりに年金の手続きをしてくれていましたが、会社を辞めた後は自分で手続きをしなければいけません。

選択肢としては次のようになります。

① 老齢年金の受給資格がない20歳以上60歳未満の方は国民健康保険の第一号被保険者になる。

② 配偶者がいる場合は被扶養者となり、第三号被保険者になる。

③ 老齢年金をもらう(60歳以上)

 

詳しくは離職した後の年金はどうするかで解説しています。

 

この3つの手続きは必須になりますからしっかりと仕組みを理解して対応していきましょう。

 

 

 

 

これらの続きの他に、再就職に向けた準備や、人によって紛争解決手続が必要になってきます。