夜ご飯を抜く生活を始めたら全ての調子が良くなった。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近、なんだか体が気怠かったのでどうにかなんないかなぁーと思っていたんです。

 

そこで、試しに一週間前程から夜ご飯を抜く生活を初めてみました。

具体的に献立を説明するとこんな感じ。

ごはんとみそ汁とオカズ一品か二品

コンビニで済ますか近くの飲食店でがっつり

何もなし(おなかがどうしても空いたらするめもしくは茎わかめを齧る)

 

という感じです。

最初の3日間ぐらいは夜におなかが空いて辛かったのですが、4日目からは胃が縮んだ感覚を感じるようになり、夜にお腹が空かなくなりました。

そして面白いことにお昼ご飯の食べる量も減っていったんです。

 

今日でだいたい一週間を超えたぐらい。

するとびっくり体の調子が一気に良くなったんです。

体の調子が良くなると、付随して頭の回転やフットワークが軽くなって、どんどんと生活が充実していきました。

 

今日は僕が夕食抜き生活を始めてから変わったことを紹介していきます。

 



① 朝がすごく楽

夜ご飯をしっかりと食べていた時は、起きたら起きたでなんだか気分はどよーんとしていて、さわやかな朝なんてものは久しく経験していませんでした。

しかし、夜ご飯を抜いてからは目がパッチリ覚めて、すぐにでも仕事に没頭できそうな体調になりました。

 

② 体が軽い

夜ご飯を抜き始めてから、背中に羽が付いたのではないかと勘違いするぐらい体が軽くなりました。

特に階段の上り下りがかなり楽になった気がします。

以前は7階まで階段で上がるともう5分は息が上がっていたのに、最近はすぐ回復するようになりました。

 

 

③ 頭の回転がかなり素早くなった

僕は大学院生ですから、普段のディスカッションやプレゼンテーションで頭を回転させる機会が多いです。

最近はなんだか、この頭の回転がとっても早くなった気がします。

ロジカルな話に以前より楽に付いていけるようになり、会話のスピードが上がりました。

英語論文を読むときにもなんだかすっと頭に意味が入ってくるようになりました。

 

④ ポジティブになってイライラすることがなくなった

夜ご飯をしっかり食べると、朝の調子が悪くて気分もネガティブになっていました。

気分がネガティブだとちょっとしたことでイライラして、ラボの仲間にキツく当たってしまうことも多々ありました。

しかし、今は違います。

朝から気分がいいので、思考がポジティブになり、ちょっとしたことでイライラしなくなりました。

毎日が爽やかです。

 

⑤ 睡眠時間がかなり減った

①と少し被りますが、明らかに睡眠時間が減りました。

以前は8時間は寝ないと昼間眠くなって作業効率が下がっていたのですが、今は6時間でも全然大丈夫です。

毎日2時間の時間が節約出来ているので、その時間に趣味のギターを練習したりと、時間の有効活用が出来るようになりました。

 

⑥ 運気が上がった

これは僕の気のせいかもしれませんが、夜ご飯を抜いてから人生がツキ始めた気がします。

例えば

研究でいいデータが出始める

無くしていたものが見つかる

友達からの飲み会の誘いが増える

など、一個一個は小さい出来事ですが、なんだか全体として人生が良い方向に向かっている気がします。

 

⑦ お金が溜まるようになった

以前は10時や3時におやつでお菓子を買っていたり、お昼に高いコンビニ弁当を買ったりといろいろとお金を使ってしまっていました。

しかし、夜ご飯を抜くと胃が縮むのか、昼にあまりお腹が空かなって、そのような無駄遣いが一切なくなりました。

するとビックリ財布の中の1万円札がなかなか減らなくなりました。

この余ったお金で新しい教科書を買ったり、友達と飲みに行ったりと、お金の有効活用が出来るようになりました。

 

⑧ 社交的になった

気分はポジティブになり、時間にもお金にも余りが出たおかげで、なんだか性格が社交的になった気がします。

以前は休みの日の半分は家でゴロゴロしていることが多かったですが、今は休みでも友達と遊びに行ったり、趣味に没頭することが増えました。

 

⑨ 集中力が上がった

一番ビックリしたことなのですが、夜を抜いてから、自分にはもう絶対に無いと思っていた集中力が復活してきました。

以前は一つのことに30分でもじっくりと取り組めたら「頑張ったなぁ」と自分を褒めていました。

しかし今は、2時間ぐらいは余裕でものごとに集中できるようになりました。

この集中力のおかげで作業効率は一気にあがりました。

 

⑩ クリエイティビティーが上がった

以前に比べ、発想力、つまりクリエイティビティーが格段に向上した気がします。

実験の新しいアイデアがポンポン出てきて、指導教官にビックリされる程です。

仕事で企画職などの人は是非共夜ご飯を抜いてほしいと思うばかりです。

 

まとめとして

いかがでしたでしょうか。

夜ご飯を抜いただけでこんなにも人生が明るくなるとは僕は一ミリも思っていはいませんでした。

お釈迦様も『一切疾病宿食を本トス』と語っているぐらいですから、やっぱり食べ過ぎって良くないんですね。

 

みなさんも、もし最近人生がなんだかどんよりしているならば夜ご飯を一度抜いてみてください。

ハッピーになれますよ。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。