Author Archives: tsubuyakibio

About tsubuyakibio

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

[rails4] rake assets:precompileしようとしたらCurrent ExecJS runtime does’t support ES6. Please install latest Node.jsと怒られる問題の解決法

自分のrailsアプリをherokuにpushしようとrake assets:precompileをしたら

と怒れら、ニッチもサッチもいかない状態に。

 

いろいろ試行錯誤した結果以下の通りで解決しました。

 

自分は

と最新バージョンで使用していたのですが、これをバージョンダウンして

とし

 

 

したら解決しました。

 

その後コミットすることをお忘れなく。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

起業したら(&する時に)絶対に役立つサービスをまとめるよ

最近(といっても結構前だけど)、ご縁が重なって起業しちゃいまして、忙しい日々を送っていました。

 

起業すると、会計処理、税金周りの処理、株主総会の手配、社会保険のやりくりなどなど、やることがいっっっっっぱいで起業して間もない頃は右往左往していました。

 

そんな時に登録して使ってみて本当に役立ったサービス達を紹介していきます。

 

会社設立freee

 

これがなければ僕は会社を作れませんでした。

会社を設立するに必要な全ての作業を効率よくこなしてくれます。

特に、会社を作る時に必須の定款も、とっても簡単に作ってくれました。

基本料は全て無料です。

神様。

 

会計freee

 

もうお馴染みかもしれませんが、クラウド会計ソフトの老舗です。

起業当初は勘定科目なんて全くわからなかった僕でも簡単に会計処理ができました。

会計処理は時間をかけても何も生み出さない作業ですので、クラウド会計を利用してどんどん時間を節約しましょう。



 

Bizer

会社を設立しても、その後に何をすればいいのかよくわからなかったんですが、Bizerに登録したらそんな悩みは全てすっ飛びました。

会社の設立日や法人の情報を登録すれば、いつに何をすればいいのかを全て教えてくれます。

また、わからないことがあっても税理士や社会保険労務士などの士業の方々が相談に乗ってくれます。

創業した当初は1週間に1回は質問していました。

そのおかげで、なんとか今まで無事に経営ができています。

 

 

こちらにメールアドレスを送っていただければ、友達紹介で1ヶ月無料になります。


 

SmartHR

人事労務管理で必須のサービスです。

僕の場合、会社設立後にアルバイトを一人雇ったのですが、このサービスのおかげで必要な書類(扶養控除届けなど)を簡単に出力できるようになりました。

年末調整の時にも大活躍でしたので、なるべく早く登録しておきましょう。

 

住信SBIネット銀行法人口座

創業当初は地方の銀行で法人口座を開設したのですが、地方銀行ですと振り込みの手数料が高かったり、ネットバンキングが有料で操作がめんどくさいなど使い勝手がとても悪いです。

SBIネット銀行は、ネットバンキングは基本無料で、振り込み手数料も地方銀行に比べると数分の一レベルに安いです。

また、デビットカードも無料でもらえますので、会計freeeと組み合わせれば会計処理が格段に便利になります。

開設しないとそんなレベルで便利な銀行です。

 

ライフカードビジネス

 

法人だったらクレジットカードは持っておきたいところです。

SBI銀行のデビットだけでもいいのですが、タクシーや一部店舗ではデビットカードが使えないので不便です。

ライフカードビジネスは年会費は永久無料ですし、審査も比較的ゆるい方です。

クレジットカードは一枚持っておいて絶対に損はないですよ。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

人は「不満を言うだけの人間」と「改善を模索する人間」とで完全二極化する

最近忙しくて全くブログが更新できていなかった。

 

ブログを更新しないとやっぱりSEO的にまずいようで、どんどんと検索エンジンからの流入が減っている。

 

全盛期の半分ぐらいになってしまっているので、頑張って盛り返したいところです。

 

 

 

ただ、忙しいなりにここ最近は人生の転換期を迎える並みに生活が充実してきている気がする。

 

ちょっと前の話になるけれど、ご縁が重なって、有名企業の経営者との飲み会に参加することができた。

 

僕なんかが居ていいのかと思うほどの会だったのだけれど、とっても有意義で楽しい飲み会だった。

 

 

 

有名企業の社長との飲み会に行ってみてわかったことが一つあって、それは

「経営者たちは今まで自分が出会ってきた人たちと根本的に意識が違う」

ということ。

 

 

 

彼らは自分たちに何ができるのかを必死に考えていた。

社会には色々な問題があるけれど、彼らはそれに対して不満を漏らすだけではなく、改善案を模索していた。

 

「こういうことをやれば社会が良くなるのではないか」

「この事業でこう社会を変えたい」

 

彼らの口から発せられる言葉はキラキラしていた。

 

そのような態度を持ち続けていることが、結果的に彼らに巨万の富をもたらして、彼らを社長たらしめているだと感じることができた。

 

 

不満ばっか言っても何も変わらないということ

人ってとっても弱いもので、何かにつけて愚痴、不満を漏らしてしまう。

多くの飲み会は、上司や同僚の愚痴のオンパレードだったりする。

僕も飲み会に参加する時は、人や社会に対しての文句が会話の8割を占めると思う。

 

別に文句を言うことが絶対的に悪いと思わないけれど、文句だけで終わる人間って結局は何も成長しないのだと思う。

特に、何かにつけて文句を言っているだけの人間で成功している人間は見たことはない(個人的な感想だけど)。

 

文句を言って変に正義ヅラするよりは

「非力だけど自分には何ができるのか」

「どんな問題を解決したいのか。」

 

そんなことを常に考えたいと思った。

 

 

 

周りの環境って大事

今の日本の若者って、経済的に安定していたいという気持ちがとても強いのだと思う。

だから、何の目的もなく安易に公務員を目指したり、大企業を目指してしまっている。

そのような環境に囲まれると、みんな気持ちが同化してしまって、問題を解決したいという優秀な若者が生まれなくなっている。

これはかなり社会的損失だと思う。

 

 

教育を変えるか、社会のシステムを変えるかでこの問題が解決するかはわからないけれど、若者が何かにチャレンジできる環境がもっともっと普及すれば嬉しいと思った。

 

 

 

 

おわりに

去年の終わりぐらいからだけど、大切な知り合いが夢を叶えるために学校をやめて必死に勉強している。

今まで積み上げたものを捨ててでも、自分のやりたいことに対して一生懸命の彼女はとても素敵だと思うし、心から応援したいと思っている。

そして、そんな彼女を見て、自分も何かをしなければと思っていた。

 

そんな折に、今回経営者の方々に出会い、意識が変わった。

 

自分には何ができるか。

自分は一体どうなりたいのか。

今まではフラフラと生きてきたけれど、ちょっと反省して、今、この状況でゆっくりと考えてみたい。

 

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

[Rails]Devise搭載のRailsアプリケーションをherokuでデプロイする場合の一連の流れ

最近、新しいウェブアプリケーションをherokuでデプロイしました。

 

そのアプリケーションは僕が大学院生になってからずっっっと長い間構想していたもので、普段の研究や受注開発中のwebサイト、また自分が開発しているメインのアプリケーション開発の合間合間にカチャカチャと作っておりました。

 

とっても忙し中頑張って開発したので、最低限の機能でもオープンできたことはかなり嬉しかったです。

社会的有益性はかなりあると思うので、世間の皆様の役に立つサービスになればいいなぁと願うばかり。

 

 

 

 

 

さてさて、今回は片手間のアプリケーション開発だったので、なるべくコード量を少なく!という理念でログインやCRUD処理はなるべくgemなどを使って作業量を少なくしておりました。

 

特に、アプリケーションの肝であるログイン機能はみなさんお馴染みのgemである”Devise”を初めて組み込みました。

 

今までは自分でセッションコントローラーを作っていたのですが、今回Deviseを使ってみてその便利さにはびっくり。

 

ログイン機能が実質半日以下で完成しました。

 

 

ただ、herokuにpushした際に以下の2点で少しトラブったので、その時の対応策を健忘録としてここに記しておきます。

 

 

 

ルーティングをしっかりと決めておく

Deviseのデフォルトの設定では、ルートのページに飛ぶように設定されていますので、ルーティングを正しく設定していないとherokuでエラーになります。

自分のアプリケーションのトップページに

で必ずルートを設定しておいてください。

 

メーラーの設定

Deviseはデフォルトでメーラーを設定してくれています。

プロダクション環境でもメーラーの設定をしておかないと、herokuでエラーになってしまいます。

僕のケースを例にすると下のような感じです。

 

 

まず、

で、自分のサイトのurlを記入しましょう。

 

herokuのデフォルトurlならば xxxxx.herokuapp.com  となります。

僕の場合は独自ドメインを割り当てたので、そのアドレスになります。

 

そして、

で、メール送信にsmptをしています。

その下の

 

で、メーラーの設定をしていきます。

smtpメーラーとして、僕はsmtp2goというサービスを使っています。

このサービス、月1000通まではメール送信が無料なのでデプロイしたてのサービスにはもってこいです。

 

smtp2goのユーザー名をuser_nameに、パスワードをpasswordに記入してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の2つの設定が終わったら

 

 

でherokuにデプロイしてみてください。

 

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

[NGS] TophatでmappingしようとしてError: Could not find Bowtie 2 index filesと出た場合はbt2lファイルが原因の可能性大。

久しぶりのNGSの話。

 

トランスクリプトーム解析をしようとして、Tophatでヒトゲノムのindexに対してマッピングしようとしたら次のようなエラーが。

 

Error: Could not find Bowtie 2 index files

 

調べてみてもwebに情報が転がっていなかったので、いろいろと試行錯誤して右往左往すること2時間。

 

 

どうやらbowtie2-buildで作成したindexファイルがbt2lというフォーマットになっていて、これはtophatでは読み込めないそう。

 

なんでも、index化の時にリファンレンスのゲノム情報が馬鹿でかいとbt2lというファイル(lはlongの意味)でbowtieは出力してしまうらしい。

 

今回、僕のリファレンスはヒトゲノムだったので、そりゃサイズはでかいわけです。

 

 

じゃあどうすりゃいいねんと調べたところ、Tophatではなくhisatを使えばいいとのこと。

 

histatはbowtieを開発した人が作った言わば改良版tophatで、bt2lファイルを問題なく読み取ってくれます。

また、マッピングも独自のアルゴリズムでかなり高速化しています。

 

今回、このソフトを使ってみたところうまくいきましたので、tophat関連でお悩みの方は是非使ってみてください。

 

 

インストールは

 

http://ccb.jhu.edu/software/hisat2/manual.shtml

 

からできます。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

関空で宿泊してみたからその時の体験談(シャワーやネカフェなど)をつらつらと語るよ

年末旅行で台北に行った時に、関西国際空港で一晩を明かしました。

 

僕は以前に羽田空港で一泊したことがあるのですが、関空は羽田と違って夜を明かすには最適な空港だと思いました。

 

この記事では、これから関空に泊まるかもしれないという方に向けた関空ステイTipsを紹介したいと思います。

 

 

KIX AIRPORT LOUNGEで宿泊する

2016-12-26 07.28.03

KIX AIRPORT LOUNGEはラウンジと銘打っていますが、空港内のネットカフェのようなものです。

僕の大好きな大手ネカフェ運用会社のアプレシオが運営しています。

 

24時間運営していますから、空港で宿泊したいという方にはうってつけの施設です。

料金は以下の通りです(公式サイトから引用)

 

6時間で3000円越えとネカフェにしては高いですがKIXカードを持っていれば半額の1500円程度になりますので、是非とも入手しておきましょう。

 

利用してみた一番の感想は

「ブースの壁が異常に低い」

ということでしょうか。

 

普通のネットカフェならば成人男性が立っても隣の席は見えづらいのですが、このラウンジでは丸見えです。

 

2016-12-26 07.40.59

 

2016-12-26 07.41.08

恐ろしいほど丸見えです。

 

口を開けて思いっきり寝ようものなら隣の人や通行人にガン見されてしまうでしょう。

 

ここを利用したいという方は、軽く仮眠をとる程度にしましょう。

 

また、気になる方はアイマスクなどをして少しでも対策しましょう。

 

KIX AIRPORT LOUNGEでシャワーを浴びる

KIX AIRPORT LOUNGEの一番の利用目的はシャワーではないでしょうか。

僕もバッチリ利用してみました。

利用料金は、ラウンジ利用者は310円、シャワーのみは510円となっています。

シャンプーやリンスはついていますが、タオルは有料ですのでお気をつけください。

 

シャワー室はこんな感じで狭いけれど小ぎれいです

 

2016-12-26 07.51.31

 

実はスタンドライトなどもあり、ここでパソコン作業などもできてしまいます。

2016-12-26 07.51.19

 

 

シャワーは昔懐かしいコイン式で、コインを入れると15分間お湯が出るようになります。

(15分だとかなりゆっくりシャワーは浴びられます)

2016-12-26 07.52.23

 

 

待合室で寝る

関西国際空港では長時間の滞在者向けに待合室を用意してくれています。

 

椅子がズラーと並んでいますが、注目すべきは窓側の赤い広めのソファーです。

 

2016-12-26 08.27.01

このソファー、がっつり横になって眠れます。

 

ベンチ型のソファーですと、連結部分が背中に当たったりしてなかなか寝付けませんが、このソファーはフルフラットなので寝心地は最高です。

 

現にかなりの方が爆睡していました。

2016-12-26 08.27.08

 

また、この待合室では深夜のみ毛布を無料で貸し出してくれます。

なんと親切なのでしょうか。

 

REFRESH SQUAREでがっつり寝る

ネカフェや待合室では人の目が気になるという方はリラックススペースであるREFRESH SQUAREに行ってみましょう。

こちらは簡単に言えばフルフラットシートのネカフェ(まんがなし)のようなものです。

2016-12-26 12.43.07

 

 

 

ブース内のつくりは非常に簡単で、マットが敷いてあって角の台にライトが乗っているだけです。

 

2016-12-26 12.42.40

 

 

受付時にブランケットを貸してくれるので、ぬくぬく仮眠がとれます。

 

2016-12-26 12.43.44

 

また、飲み物もあるので、喉が渇いたという方にも安心です。

2016-12-26 12.44.26

 

 

利用料金は30分毎(4時間まで)で260円(4時間以降30分毎150円)となっております。

関空でわりとがっつり目に仮眠を取りたいという方はこちらをご利用ください。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

[最強の通販節約術!]Amazonや楽天などネット通販をよく利用する人はブックマークのリンクをポイントサイト経由にするべし

img_55d9611320f33

 

僕は重度のネット通販中毒者でして、日用雑貨から食料品までほとんどを通販で購入しています。

 

近くスーパーは大して安くないし(イオンを除く)、クレジットカードも使えないしであまり価値が見出せないんですよね。

 

 

僕のように通販をしょっちゅう使う人に心からオススメしたいのは、Internet ExplolerやChromeなどに登録しているブックマークのリンクを必ずポイントサイトで経由させるようにすることです。

 

ポイントサイトとは簡単に言えば

「このサイトを経由して通販でお買い物をすれば、1%程度のポイントを還元しますよー」

というサイトです。

 

このポイントサイトにはAmazonや楽天などの大手通販サイトは大体登録されているのですが、いちいちポイントサイトに行ってリンクを踏むという作業が面倒なんですよね。

でも、ブックマークのリンクをポイントサイト経由のリンクで設定してしまえば、いつものように通販サイトを利用するだけでポイントをゲットできてしまいます。

 

一度登録すれば半永久的にポイントがもらえますから、設定していない人はめっちゃ損ですよ!

 

 

 

ポイントサイト経由のブックマークリンク設定方法

では、ポイントサイトを経由したブックマークリンクの設定方法をご紹介します。

 

まず、自分が普段利用している通販サイトが登録されているポイントサイトを探します。

大手ならだいたいどこもメジャーなところは掲載していますが、僕は

 

げん玉

Getmoney

 

 

に登録しています。

 

今回はげん玉で楽天市場のリンクを例にしましょう(ブラウザーをChromeを使用)。

 

まずはげん玉にログインして、検索窓で「楽天」と検索します。

NewImage

 

検索結果一覧の中で「楽天市場」が出てきます。

 

NewImage

 

 

 

楽天のロゴの上で右クリックをして、「リンクのアドレスをコピー」をクリックします。

NewImage

 

Chromeのブックマークの上で「編集…」をクリックし、URLでコピーアンドペーストします。

NewImage

 

 

手順はたったこれだけです。

これにより、楽天市場で買い物するときは必ずげん玉を経由するようになり、毎回1%のポイントが還元されます。

 

このポイントは電子マネーや他のポイントに変換できますのでとってもお得です。

 

僕はこの方法で楽天市場だけでなく、

 

iTunes

で音楽購入時

 

dデリバリー

で出前を取るとき

 

るるぶトラベル

での宿泊予約

 

などなど、ネットでの買い物でほぼ漏れなくポイントをゲットしています。

また、決算方法にクレジットカードを利用することにより、クレジットカードのポイントとのポイント二重取りが常に可能になります。

(楽天市場の場合は楽天のポイントも貯まるので3倍取りになります)

大体合計2%以上になることが多いので1年で結構なポイントを貯めることができちゃっています。

 

ネット通販を利用される方はぜひブックマークのリンクをポイントサイト経由のリンクにしてみてください。

一度設定しておくだけですから本当にお手軽ですよー。

 

 

※Amazonを掲載しているポイントサイトはげん玉のみです(Amazonで買い物をするとポイントがもらえるガチャガチャがひけるようになります。)。

Amazonユーザーの方はぜひげん玉に登録してみてください。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

JETSTARを使ってみたから座席の広さや注意点などを語っていくよ

昨年末の休暇を利用して台湾に行ってきたのですが、その時にLCCのJetstarを利用しました。

 

台湾の台北(桃園国際空港)まで往復2万円ちょっとという格安の路線でありがたかったのですが、この航空会社を利用する際にいろいろと気をつける点があると感じましたのでここで紹介しておきます。

 

 

当たり前だけど、座席はちょっと狭い。ガタイの良い人は非常席がお勧め。

img_6400

これはJetstarに限ったことではないのですが、機内の座席は少し狭いです。

成人男性で普通の体型ならば隣の人とたまに肩がぶつかってしまう程度でしょう。

また、前の座席との間隔も結構狭く、こちらも普通の体型の方なら膝が軽くついてしまう程度です。

もちろん、窮屈というわけではないのでそこまで気にしなくていいと思いますが、もし気になる方は通路側か非常席(エクストラエッグルーム)の広めの席を指定することをお勧めします(有料)。

img_6399

非常席はちょっと広め

 

これも当たり前だけど、飲み物などは有料。コーヒーは一杯4シンガポールドル。

こちらもLCC全般に言えることですが、機内食や飲み物などはすべて有料です。

僕は機内食はいらない派なので食事に関しては全く問題なかったのですが、機内に飲み物を持ち込むのを忘れてしまってコーヒーを機内で注文しました。

ホットコーヒーが一杯4シンガポールドル(320円くらい)でした。

スタバと同程度ですね。

支払いで日本円を含むいろいろな通貨を受け付けてくれますし(もちろん台湾ドルも)、クレジットカードはどのブランドでも受け付けてくれますのでご心配なく。

 

味はちょっと煮出し過ぎたコーヒーという感じでしたが、空の上で飲むホットコーヒーは最高でした。

 

座席指定はweb上でできる、有料だけどね。

先に紹介した通り、ガタイの良い方やトイレが近い方なのどは通路側の席や非常席など割と広めの席を選んだ方が絶対に楽です。

ただ、Jetstarの場合座席の変更は基本的に有料です(プランによって無料の場合あり。詳細は公式ページで確認してください)。

チケットを旅行代理店で購入した人は、公式のページでチケットの予約番号を入力すれば座席の変更ができますからそちらから対応してください。

 

 

 

格安チケットだとwebで座席指定ができない可能性もあり。その場合は電話かチェックインカウンターで

 

ただ、ここからが大変重要です。

僕が今回Jetstarのチケットを買ったのはSurpr!seという旅行代理店でした。

僕の御用達のskyscannerを使って最安値で購入したのですが、実はこのチケット団体用のチケットを個人向けに分割して売っていたから安かったんですよね。

チケットを予約したのになかなかチケットの予約番号が送られてこなかったのでメールで問い合わせてみたら

 

 

 

 

と、予約番号を教えてくれませんでした。

 

広さを懸念していた僕は通路側の席か非常席(エクストラレッグシート)に変更したかったのですが、これではweb上で変更ができません。

これは困った。

 

電話でもできるかもと思ったのですが、この事実に気づいたのがフライトの前日だったので、どうしようかと悩んだ末、僕はチェックインの時に座席変更ができないか尋ねてみることにしました。

 

Jetstarのチェックインは搭乗の2時間前から始まるのですが、非常席を他の人に取られない様に2時間40分前からチェックインカウンターに並びました(それでも一人すでに並んでいました)。

 

いざ、チェックインが始まり

「今更で大変申し訳ないのですが、今から座席の指定などはできませんでしょうか?」

と、めっちゃ丁寧に聞いてみたところ

 

「大変申し訳ありませんが、本日は満席を頂戴しておりまして座席の指定ができない状況です」

と言われてしまい

「そうですか、、、」

ととってもがっかりした瞬間

 

「あ、非常席でしたら空いているのですが」

 

と、なんと奇跡的にめっちゃ広い席が空いていました。

 

「あ!むしろありがたいです!そこでお願いします」

と即答でお願いし、無事僕はとっても広い非常席(エクストラエッグルーム)をゲットしましたとさ、、、、、、、

 

で終わりではありません。

 

普通、非常席はチケット代にプラスして1080円の料金がかかります。

いわば特別席です。

 

チェックインカウンターのお姉さんが非常席に変更したチケットをくれる際に支払いのことを何も言わなかったので

「えっと、お金はいつ払えばいいですか、、、?」

と聞いたところ

 

「あ、無料で結構ですのでごゆっくりおくつろぎください」

 

と、なんとタダで非常席ゲット出来ちゃいました!!!

 

ひゃっっほおおおおおお!!

 

 

Jetstar大好きです。

 

 

 

自分のチケットでは座席変更ができないという方は是非チェックインカウンターへ!

 

 

※料金に関してはおそらくたまたま非常席が余っていたからだと思うので、皆さんはあまり期待しないでください。

復路で台北から日本に戻る時に同様にチェックインカウンターで非常席を指定したら1080円きっちり取られましたw

 

 

Jetstarの総評

さて、今回Jetstarを利用してみての全体的な感想ですが、かなり良かったです。

台湾まで2万円弱という10年前では決して考えられない値段で旅ができて本当にありがたかったです。

 

乗務員の対応もとても丁寧でしたし、コーヒーをお願いした時もわざわざ日本語が話せるスタッフを当ててくれるなど配慮を感じました。

 

もちろん、料金が全然違うんですから、ANAやJALの様な機内サービスを求めてはダメです。

 

でも、僕の様な

「機内食もいらないし、過剰なサービスはうざったいのでなるべく放っておいてほしい。でも何か注文する時は愛想よくしてほしい」

という人には最適な航空会社だと思いました。

 

またJetstarを利用したいと思います。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

台湾に弾丸旅行してきたからその時の様子をつらつらと語るよ!

昨年末に年末の休日を利用して台湾の台北に4泊5日で弾丸旅行してきました。

とっても楽しかったので皆さんにその時の様子でも紹介したいと思います。

 

台湾(台北)へのアクセス

関西空港から台北へ

僕は関西国際空港から台北の台湾桃園国際空港に行きました。

フライト時間は2時間40分ほどで、とってもお手軽に行けます。

使った航空会社はJETSTARなのですが、その利用体験談はまた別の記事にまとめています。

 

 

また、関空で夜を明かした際のレポートも下の記事でまとめています。

 

桃園国際空港から台北市へのアクセス

桃園国際空港から台北市内に行くには日本の空港と違って少し面倒です。

だいたいどこの空港も市内に向かうのに電車が通っているのですが、桃園国際空港では交通手段はバスかタクシーしかありません。

バスは片道150元(500円くらい)でタクシーだと1300元(4000円ちょっと)かかります。

タクシーはべらぼうに高いので、大人数でない限りバスを利用したほうが無難です。

空港からのバスは24時間営業ですので深夜に空港に到着しても問題ありません。

また、運行間隔も20分おきぐらいですから長時間待たされるということもありませんよー。

 

桃園国際空港でsimカードを買って、ネット環境を手にいれる

台湾も日本と同様に通信網が発達していますので、simカードを買えば自分の携帯などで自由にネットを楽しめます。

街中でもsimカードは買えますが、空港からネットが使えたほうが便利ですし、空港の店員のほうが日本語に堪能なことが多いので、空港でsimカードを買っちゃいました。

 

桃園国際空港の出国ゲートを出てすぐのところに、台湾の大手キャリアが支店を用意しています。

僕は5日間使い放題+50元(150円ほど)の無料通話分デポジットのあるsimカードを買いました(SMS付き)。

これでたったの300元(1000円)ほどです。 安い!

ネットが使えるのと使えないのでは旅のクオリティーが格段に変わってきますから、是非とも空港でsimカードを購入しておきましょう。

(海外でsimカードを利用するにはsimフリー端末を所有している必要があります)

 

img_20161226_194817

出国ゲートのすぐ近くにあるsimカードの販売代理店。片言ですが日本語も通じました。ただ、現金のみの対応なので、利用前には両替をする必要があります。

 

台北市は食べ物が安くて美味しい!

さあ、市内に着いたら早速台北の観光!

台北の一番の魅力はなんといっても食べ物の安さ!

一品が100円から200円程度で食べられます。

そして、どれも美味しい!

日本では500円くらいのクオリティーのものがこんな値段で食べられるなんて本当に幸せです。

 

台北で食べ物を楽しみたいならば是非夜市(ナイトマーケット)へ

そんな食べ物天国の台北市の食を心から楽しみたいならば(夜市)ナイトマーケットへ行きましょう。

ナイトマーケットは日本でいう、お祭りの露店通りのようなもので、美味しい屋台がずらりと並んでいます。

 

 

美味しそうな鶏肉、、、、、

img_6332

 

台湾名物の豆花

甘くてうんめぇ、、

img_6339

 

お値段もかならお手ごろで、感覚としては日本の露店の半分以下でした。

基本的に毎日やっているので、台湾で晩御飯に困ったという人は夜市でプラプラしてみましょう。

特に地下のフードコートはオススメです。

食べ物には絶対に困らないはずです。

 

台湾は公共交通機関がバカ安!

台湾で一番驚いたのが、公共交通機関の安さ!

日本の鉄道だと最低運賃は120円から130円程度ですが、台湾(台北)の地下鉄だと20元(およそ80円)!

しかも、初乗り料金で結構な距離を移動することができます。

 

バスに至ってはどこまでいっても50元、100元というレベルです。

後に紹介する台湾の名物観光スポット、九份に行った時にバスを利用したのですが90元(400円以下!)で1時間30分のバス旅行ができました。

日本なら2000円くらい取られそう、、、、。

このように、台湾の公共交通は距離が増えても大して料金は変わらないというなんともアバウト親切な設計ですので、台北を満喫したいという方は是非ともバスや電車を利用しましょう。

 

台北での地下鉄の乗り方

番外編として、ここで台北の地下鉄の乗り方を紹介しておきましょう。

切符がコインなだけで、その他は基本的に日本とあまり変わりません。

 

券売機でコインを買って

img_6324

 

 

このコインを

img_6321

 

入場ゲートにタッチして駅に入ります。

img_6322

 

 

台湾でもAirbnbが盛んだった

僕は生粋のAirbnbファンでして、昨今の旅の醍醐味はAirbnbでの宿泊にあると思っています。

今回の旅行でも、ホテルは一切使わないですべてAirbnbで夜を明かしました。

ホテルですと台北周辺では一泊最低5000円程度は取られてしまいますが、僕は今回一泊2800円でとっても綺麗な部屋に泊まることができちゃいました。

img_6330

ホストの方も大変良い方で、部屋の周辺の美味しいレストラン情報なども教えてくれました。

宿泊費が抑えられると旅の全体的な出費が大幅に削れるので本当に助かりますね。

とってもいい時代になりました。

 

台湾ではUberもめっちゃ盛んだった

今回の旅で初めてUberを利用しました。

Uberとは簡単に言えばスマホで完結する車の相乗りサービスです。

「俺、ここまでいくんだけど後部座席は空いている」

という運転手と

「僕、ここまで行きたいんだけどタクシーは高くて嫌」

という利用者をマッチングさせて、タクシーより格安で利用者を目的地まで送ってくれます。

しかも、Uberに登録する際にクレジットカードを登録し、乗車終了後に自動決算するので、現地の通貨がなくてもタクシーのようにスイスイと移動が可能というなんともありがたいサービスです。

 

日本でも一応サービスは展開しているのですが、有償で人を車で送るのは法律的にはアウトなところと、タクシー業界(+関連利権業界)の猛烈な反対により、あまり流行ってはいません。

 

まあ、実を言うと台湾では法律的にUberはアウトなんですがねw

でも、そこは台湾人のいい加減な大らかな性格からかそんなの無問題でガンガンUberタクシーが走っています。

 

今回、実際に使ってみて思ったのは

「Uberは下手なタクシーよりは安全」

ということでしょうか。

Uberで運転手を手配するときには、かならずその運転手のレビューを表示してくれます。

そして、基本的にレビューの低い運転手は配車はされません。

今回、僕は2回Uberを使ってみましたが、どちらも評価は星4.5以上でした(満点は星5)。

英語はたどたどしかったですが、対応もとても丁寧で、降車の際には荷物を持ってくれたりしました。

まるで日本のタクシーのようでした。

また、Uberを使って車に乗車すると、Uber側が自動的に最短経路を計算してくれて、運転手はその道の通りに車を進めます(自分のスマホでも経路と現在地が確認できます)。

ですから、変に遠回りされて料金をかさましされるという心配が一切ありませんでした。

ITの力はすごすぎる、、、、

 

 

さて、気になるUberの料金はタクシーの6割程度といったところでしょうか。

ただ、深夜などのオフタイムに使うとタクシーの半額程度で利用できるようになります。

なにより、乗車終了後にお金のやりとりをしなくていいのが本当に便利だったので、今後台湾に行く人はUberを使ってみてください。

 

台北でUberを利用した際の注意点?をまとめています↓

 

台北にもコワーキングスペースがいっぱいあった

僕は旅先のコワーキングスペースを巡ることを習慣としています。

今回の台湾旅行でも勇気をだしてコワーキングスペースを3つほど訪問してみました。

(店内の写真は撮れませんでした、、、涙)

 

一つ目は日本人エンジニア、ブロガー御用達のCLBC。

2016-12-30-09-06-36

雰囲気は日本のコワーキングスペースと全く同じ。

木を基調としたデザインで、ハイセンスなデザインです。

利用者もエンジニアがほとんどで、皆さん黙々と作業をしておりました。

ドロップイン料金は1時間で150元(600円程度?)。

受付のお姉さん曰く、この辺りのコワーキングスペースでは一番高い料金設定とのことです。

たしかに、日本のコワーキングスペースでも1時間500円ほどが普通なので少し高いかな、、という印象。

でも、受付のお姉さんが英語ペラペラかつとっても親切だった(あとすごく可愛かった)ので次の台湾旅行でもまた行きたいと思います。

また、あのお姉さんいないかな、、、。

 

2つ目はimpact.hub。

img_6329

全世界に展開しているコワーキングスペースで、京都にも支店があります。

こちらはメンバーシップ制でドロップイン利用はできませんでしたが、

「日本からの旅行者です」

というと、イケメンのお兄さんがとっても親切に対応してくれました。

次来る時は会員登録しちゃおうかしらと思えるほどイケメンなお兄さんでした。

ちなみに僕はホモではありません。

 

3つ目は台湾大学の近くのworkisというスペース

img_6328

こちらはやはり大学近くとあって、学生の方々の利用が多かったです。

また猫がいました。

それだけで100点です。

ただ、とっても入りにくい入り口だったのが少し残念でした。

入る時にかなり勇気がいりました。

 

 

千と千尋の神隠しのモデルとなった九份へ

台湾からバスで1時間半ほどとことこ走り、宮崎駿監督が千と千尋の神隠しの舞台としてイマジネーションを得たとされている九份にも行ってきました。

普段は観光客でごった返している九份ですが、年末の若干のオフシーズンだったこともあってかなり空いていて観光しやすかったです。

九份の魅力はなんといってもそのノスタルジックな街並みでしょう。

日本とも、中国とも違う不思議な景色が広がっています。

まさにジブリワールド。

九份のお店もちゃんとそのあたりをわかっているのか、ジブリグッズもたくさん売っていましたw

img_6346

九份で有名なのはこの道でしょう。

 

 

人たっくさんいますね。

また、こちらの風景も有名かと思います。

img_6361

 

とっても綺麗、、、

 

 

ちなみに九份ではヘンタイカメラも作動していました。

img_6352

 

九份の食べ物もどれも絶品

九份は雰囲気が最高ですが、食べ物も最高です。

特に九份名物である「頼阿婆芋圓」というお店のの芋圓(タロイモぜんざい)は外せません。

これはいわゆる日本のぜんざいにタロイモでできた求肥が混ざっているいるものです。

そして上にはかき氷がのっています。

img_6341

お値段はなんと35元(150円以下!)

安い!

九份の食べ物は割とこってりとしてものが多いので、このぜんざいでさっぱりと口直しをしましょう。

 

 

九份のすぐ隣にある猫村(侯硐)へ

img_6387

実を言うと、今回の旅のメインは台北の美味しいご飯でも、九份の景色でもありませんでした(笑)

九份のすぐ近くにあるという猫がいっぱい居るむら、通称「猫村」に行くことだったのです。

 

ねこむら

 

ああ、なんて官能的な響きなのでしょうか。

三度の飯より猫が好きな僕にとっては天国、酒池肉林以上の甘美な響き。

 

ねこちゃんがいれば、もう何もいらない。

 

 

期待に胸を膨らませて現地に向かいます。

 

 

九份から侯硐までは電車で30分ほど。

山の中を電車で走っていくので

「あれ?本当にこの電車で大丈夫か?」

と心配になりますが、ご心配なく。

周りの乗客もほとんど侯硐に行きます。

あなたは一人ではありません。

みんな猫を撫でたいのです。

 

 

 

猫村に到着すると、もう駅から猫がいます。

いっぱいいます。

 

撫でられます。

 

かわいい。

 

「ニーハオ」

と声をかけると

「にゃー」

と返事してくれます。

 

なにこの楽園は、、、、、、、

 

もふもふです。

 

もふもふ

img_6353

 

もふもふ

img_6393

 

動画でもふもふ

でっかい猫のもふもふ

 

 

、、、、、

 

 

ああ、台湾は本当にいい国です。

 

 

 

 

今回の台湾旅行(4泊5日)の費用

さて、今回の台湾旅行の合計費用を計算してみましょう。

航空券(Jetstar,往復) = 22,690円

宿泊費(Airbnb)  2800×4泊 = 11200円

食事代 10000円程度(台北のスタバ代含む)

交通費(Uber,バス,電車) 3000円程度

 

と合計5万円程度で思いっきり楽しめました。

本当に安かった。

そして美味しかった。

そしてもふもふだった。

 

 

そんな台湾旅行でした。

 

飛行機で2時間30分程度で行けるので、下手に国内旅行に行くよりは台湾にまた行きたいなぁ思った今回の弾丸旅行でした。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

vipライナーの東京ラウンジを使ってみたら意外に快適だった件

もう先月のことになりますが、初めて高速バスのVIPライナーを使いました。

 

バス自体はとても快適でコスパが最高だったのですが、バスよりも驚いたのが、VIPライナーの乗客は専用のラウンジが使用可能ということです。

 

このラウンジ(東京VIPラウンジ)がなかなか快適だったのでレビューです。

 

 

受付を済ませる

IMG_20160816_232758

東京VIPラウンジに到着したら、まずは大事な受付です。

手続きは簡単で、機会でピッとやって終了です。

ただ、受付の前にいた案内係のおっちゃんが寝不足みたいで対応がよくなかったのがマイナスポイント。

 

自分のバスの出発までラウンジでゆっくり

ラウンジはかなりゆったり空間で居心地が良い。

漫画もメジャーどころがたくさん揃っているので退屈することはないでしょう。

IMG_20160816_232343

 

 

携帯の充電が切れかかっていても大丈夫。

しっかりと充電コーナーがあります。

ただ、自分の携帯の充電ケーブルは自前で用意しておきましょう。

(充電ケーブルの貸し出しはありません)

IMG_20160816_232350

 

パソコンが使いたいけれど、自前のノートパソコンがないという方も安心。

デスクトップPCが何台が設置してあります。

利用料は無料です。

(印刷は有料です)

IMG_20160816_232316

 

 

ちょっと喉が渇いたなぁー、と思っても無問題。

ちょっとしたドリンクコーナーがあります。

IMG_20160816_232325

ラインナップはちょっと残念ですが、リンゴジュースと味噌汁があるので良しとしましょう。

僕が行った時は中国人の方がバカみたいにお代わりしていました。

ちなみに隣には電子レンジがあるのでお弁当などを温められます。

 

さらにちなみに、飲み物の販売もしているので、無料のでは我慢できないという人、バスの中の飲み物を買っておきたい人も大丈夫です。

IMG_20160816_232354

 

 

 

そして、この東京VIPラウンジの最大のアピールポイントは畳部屋です。

IMG_20160816_232130

 

これが本当に快適。

靴を脱いで、座布団の上でゆっくりできます。

しかも、すぐ近くには電源がありますから、パソコンやスマホを充電しながらまるで自分の部屋のようにくつろぐことが可能です。

 

僕はこの部屋に2時間ぐらい居座っていました。

本当に居心地が良かったです。

これが無料なんて信じられない。

 

 

東京VIPラウンジを使ってみてのまとめ

以上、簡単ですが東京VIPラウンジのレビューでした。

VIPライナーは、お値段の割には席が広かったりこのようなラウンジが使えたり本当にコスパがいいと思います。

 

新幹線や飛行機とはまた違った旅を楽しみたい方は是非とも利用してみてください。

では。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。