[最強の通販節約術!]Amazonや楽天などネット通販をよく利用する人はブックマークのリンクをポイントサイト経由にするべし

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_55d9611320f33

 

僕は重度のネット通販中毒者でして、日用雑貨から食料品までほとんどを通販で購入しています。

 

近くスーパーは大して安くないし(イオンを除く)、クレジットカードも使えないしであまり価値が見出せないんですよね。

 

 

僕のように通販をしょっちゅう使う人に心からオススメしたいのは、Internet ExplolerやChromeなどに登録しているブックマークのリンクを必ずポイントサイトで経由させるようにすることです。

 

ポイントサイトとは簡単に言えば

「このサイトを経由して通販でお買い物をすれば、1%程度のポイントを還元しますよー」

というサイトです。

 

このポイントサイトにはAmazonや楽天などの大手通販サイトは大体登録されているのですが、いちいちポイントサイトに行ってリンクを踏むという作業が面倒なんですよね。

でも、ブックマークのリンクをポイントサイト経由のリンクで設定してしまえば、いつものように通販サイトを利用するだけでポイントをゲットできてしまいます。

 

一度登録すれば半永久的にポイントがもらえますから、設定していない人はめっちゃ損ですよ!

 

 

 

ポイントサイト経由のブックマークリンク設定方法

では、ポイントサイトを経由したブックマークリンクの設定方法をご紹介します。

 

まず、自分が普段利用している通販サイトが登録されているポイントサイトを探します。

大手ならだいたいどこもメジャーなところは掲載していますが、僕は

 

げん玉

Getmoney

 

 

に登録しています。

 

今回はげん玉で楽天市場のリンクを例にしましょう(ブラウザーをChromeを使用)。

 

まずはげん玉にログインして、検索窓で「楽天」と検索します。

NewImage

 

検索結果一覧の中で「楽天市場」が出てきます。

 

NewImage

 

 

 

楽天のロゴの上で右クリックをして、「リンクのアドレスをコピー」をクリックします。

NewImage

 

Chromeのブックマークの上で「編集…」をクリックし、URLでコピーアンドペーストします。

NewImage

 

 

手順はたったこれだけです。

これにより、楽天市場で買い物するときは必ずげん玉を経由するようになり、毎回1%のポイントが還元されます。

 

このポイントは電子マネーや他のポイントに変換できますのでとってもお得です。

 

僕はこの方法で楽天市場だけでなく、

 

iTunes

で音楽購入時

 

dデリバリー

で出前を取るとき

 

るるぶトラベル

での宿泊予約

 

などなど、ネットでの買い物でほぼ漏れなくポイントをゲットしています。

また、決算方法にクレジットカードを利用することにより、クレジットカードのポイントとのポイント二重取りが常に可能になります。

(楽天市場の場合は楽天のポイントも貯まるので3倍取りになります)

大体合計2%以上になることが多いので1年で結構なポイントを貯めることができちゃっています。

 

ネット通販を利用される方はぜひブックマークのリンクをポイントサイト経由のリンクにしてみてください。

一度設定しておくだけですから本当にお手軽ですよー。

 

 

※Amazonを掲載しているポイントサイトはげん玉のみです(Amazonで買い物をするとポイントがもらえるガチャガチャがひけるようになります。)。

Amazonユーザーの方はぜひげん玉に登録してみてください。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">