同じ子音が続く場合は、前の子音の音は脱落する

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

英語は話すスピードが速くなると「脱落する音」が出てきます。

これらは文字ではしっかりと書かれていても、実際には発音されないため、リスニングの時に混乱する要因の一つとなります。

例えば、同じ子音が続く場合は、前の子音は聞こえなくなり、音が消えたところに一瞬のポーズが生まれます

take care (気を付けてね)なら発音は「テイ・ケア」となりますし、 much cheaper(もっと安い)ならば「マッ・チーパー」と発音します。

また、「k」のあとに「g」、「d」のあとに「t」というように似た子音が続く場合も前の子音は脱落して聞こえなくなります。

例えばbig cup(大きいカップ)ならば「ビッ・カップ」になりますし、look good(いい感じ)ならば読み方は「ルッ・グッ」となります。

こちらも音が消えたところには一瞬ポーズが生まれます。

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>