英語の音節とは?

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

言語には音節があります。

日本語は1文字で1音節言語ですが、英語の場合には、母音と子音があり、子音だけの音も存在します。

多くの場合は母音の数でわかります。

例外を除けば、ひとつの音節には母音がひとつ含まれると覚えておくとわかりやすいです。

日本語と決定的に違う点は文字数が音節の数とは同じにならない点です。

英語の辞書では区切りが表示されていますので、分け方のルールを確認することができます。

この違いが認識出来れば英語の発音をすることができるようになります。

日本人の発音がカタカナ読みとなってしまうのはこのような違いが認識されていないことが原因です。

 

単語のなりたちの認識の違いが判れば、単語をどこで区切ればよいかがわかりますのでおのずと正しい発音に近づけることができます。

たとえば、教科書に読み方をカタカナで書く人がいますが、カタカナは日本語ですから、これでは英語本来の読み方からは遠くなってしまいます。

音節に分けるとひとつの母音といくつかの子音しかありませんから発音に迷うこともなくなるはずです。

初めたどたどしくても、早く読めるようになれば自ずと英語らしい発音になるのです。

日本人には難しいクラムチャウダーもこの方式で発音をすればそれらしく聞こえて、現地でも確実に注文することができるでしょう。

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。