リスニングとヒアリングの違い

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスニングとヒアリングの違いとはなんでしょうか。

この二つの語はよく混同されますが、本質的な意味は変わっていきます。

リスニングとは英語の「listen」の意味からわかるように「注意して聞く」という意味を持っています。

従って、普段私たちが口にする「英語を聞き取って理解する」という意味の「聴く」は「リスニング」になります。

ではヒアリングとは何でしょう。

こちらも、もともとの単語の意味からわかります。

英語の「hear」は自然に音声が耳に入ってきている状態を指し、「listen」のように能動的な意味合いは含んでいません。

「I hear her scream down the street (道の先で彼女の悲鳴を聞いた)」

などの、注意して聞かないけれど、聞こえてきちゃった時には「hear」を使う方がベターです。

また、このような意味合いから「hearingテスト」には聴力検査の意があります。

しかしながら、近年この二つの言葉の区別は曖昧になってきました。

リスニングテストをヒアリングテストとい呼ぶ人もいます。

ですからリスニング、ヒアリングとも「英語を聞いて理解する」という意味では同義語なのでしょう。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。