JETSTARを使ってみたから座席の広さや注意点などを語っていくよ

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末の休暇を利用して台湾に行ってきたのですが、その時にLCCのJetstarを利用しました。

 

台湾の台北(桃園国際空港)まで往復2万円ちょっとという格安の路線でありがたかったのですが、この航空会社を利用する際にいろいろと気をつける点があると感じましたのでここで紹介しておきます。

 

 

当たり前だけど、座席はちょっと狭い。ガタイの良い人は非常席がお勧め。

img_6400

これはJetstarに限ったことではないのですが、機内の座席は少し狭いです。

成人男性で普通の体型ならば隣の人とたまに肩がぶつかってしまう程度でしょう。

また、前の座席との間隔も結構狭く、こちらも普通の体型の方なら膝が軽くついてしまう程度です。

もちろん、窮屈というわけではないのでそこまで気にしなくていいと思いますが、もし気になる方は通路側か非常席(エクストラエッグルーム)の広めの席を指定することをお勧めします(有料)。

img_6399

非常席はちょっと広め

 

これも当たり前だけど、飲み物などは有料。コーヒーは一杯4シンガポールドル。

こちらもLCC全般に言えることですが、機内食や飲み物などはすべて有料です。

僕は機内食はいらない派なので食事に関しては全く問題なかったのですが、機内に飲み物を持ち込むのを忘れてしまってコーヒーを機内で注文しました。

ホットコーヒーが一杯4シンガポールドル(320円くらい)でした。

スタバと同程度ですね。

支払いで日本円を含むいろいろな通貨を受け付けてくれますし(もちろん台湾ドルも)、クレジットカードはどのブランドでも受け付けてくれますのでご心配なく。

 

味はちょっと煮出し過ぎたコーヒーという感じでしたが、空の上で飲むホットコーヒーは最高でした。

 

座席指定はweb上でできる、有料だけどね。

先に紹介した通り、ガタイの良い方やトイレが近い方なのどは通路側の席や非常席など割と広めの席を選んだ方が絶対に楽です。

ただ、Jetstarの場合座席の変更は基本的に有料です(プランによって無料の場合あり。詳細は公式ページで確認してください)。

チケットを旅行代理店で購入した人は、公式のページでチケットの予約番号を入力すれば座席の変更ができますからそちらから対応してください。

 

 

 

格安チケットだとwebで座席指定ができない可能性もあり。その場合は電話かチェックインカウンターで

 

ただ、ここからが大変重要です。

僕が今回Jetstarのチケットを買ったのはSurpr!seという旅行代理店でした。

僕の御用達のskyscannerを使って最安値で購入したのですが、実はこのチケット団体用のチケットを個人向けに分割して売っていたから安かったんですよね。

チケットを予約したのになかなかチケットの予約番号が送られてこなかったのでメールで問い合わせてみたら

 

 

 

 

と、予約番号を教えてくれませんでした。

 

広さを懸念していた僕は通路側の席か非常席(エクストラレッグシート)に変更したかったのですが、これではweb上で変更ができません。

これは困った。

 

電話でもできるかもと思ったのですが、この事実に気づいたのがフライトの前日だったので、どうしようかと悩んだ末、僕はチェックインの時に座席変更ができないか尋ねてみることにしました。

 

Jetstarのチェックインは搭乗の2時間前から始まるのですが、非常席を他の人に取られない様に2時間40分前からチェックインカウンターに並びました(それでも一人すでに並んでいました)。

 

いざ、チェックインが始まり

「今更で大変申し訳ないのですが、今から座席の指定などはできませんでしょうか?」

と、めっちゃ丁寧に聞いてみたところ

 

「大変申し訳ありませんが、本日は満席を頂戴しておりまして座席の指定ができない状況です」

と言われてしまい

「そうですか、、、」

ととってもがっかりした瞬間

 

「あ、非常席でしたら空いているのですが」

 

と、なんと奇跡的にめっちゃ広い席が空いていました。

 

「あ!むしろありがたいです!そこでお願いします」

と即答でお願いし、無事僕はとっても広い非常席(エクストラエッグルーム)をゲットしましたとさ、、、、、、、

 

で終わりではありません。

 

普通、非常席はチケット代にプラスして1080円の料金がかかります。

いわば特別席です。

 

チェックインカウンターのお姉さんが非常席に変更したチケットをくれる際に支払いのことを何も言わなかったので

「えっと、お金はいつ払えばいいですか、、、?」

と聞いたところ

 

「あ、無料で結構ですのでごゆっくりおくつろぎください」

 

と、なんとタダで非常席ゲット出来ちゃいました!!!

 

ひゃっっほおおおおおお!!

 

 

Jetstar大好きです。

 

 

 

自分のチケットでは座席変更ができないという方は是非チェックインカウンターへ!

 

 

※料金に関してはおそらくたまたま非常席が余っていたからだと思うので、皆さんはあまり期待しないでください。

復路で台北から日本に戻る時に同様にチェックインカウンターで非常席を指定したら1080円きっちり取られましたw

 

 

Jetstarの総評

さて、今回Jetstarを利用してみての全体的な感想ですが、かなり良かったです。

台湾まで2万円弱という10年前では決して考えられない値段で旅ができて本当にありがたかったです。

 

乗務員の対応もとても丁寧でしたし、コーヒーをお願いした時もわざわざ日本語が話せるスタッフを当ててくれるなど配慮を感じました。

 

もちろん、料金が全然違うんですから、ANAやJALの様な機内サービスを求めてはダメです。

 

でも、僕の様な

「機内食もいらないし、過剰なサービスはうざったいのでなるべく放っておいてほしい。でも何か注文する時は愛想よくしてほしい」

という人には最適な航空会社だと思いました。

 

またJetstarを利用したいと思います。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">