JinsPCメガネとPENGINPCメガネの比較

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ Web限定カラー】PC(ディスプレイ)専用メガネ(度なし)

僕は理系大学院生という身分でして、普段からパソコンでの作業がとても多いんです。

すると困るのが、目の疲れ。

数時間作業すると目の奥からガンガンと痛みが来て、しばらくはパソコンのモニターを眺められないくらい目が疲れます。

 

そんな時に藁をもすがる思いで買ったのがこちらのPCメガネ

 

もう皆さんおなじみのJinsのPCメガネです。

このPCメガネを買ってから僕の人生は激変しました。

どんだけパソコンで作業をしても、目が全然疲れないんです。

いつでもどこでも目がギンギラギンです。

本当に素晴らしい商品に巡り会いました。

 

このPCメガネを常に鞄に入れているのですが、いちいち鞄からPCメガネを出すのが面倒なので、少し前からスペアとしてのPCメガネを家に置いておきたいと思いました。

しかしJinsPCメガネはお値段がなかなかお高いですから、これをもう一本買うには少し気が引けます。

 

そこでちょっと前にスペアとしてこちらのPCメガネを買いました。

こちらの商品なのですが、JinsPCに比べると半額以下で大変お手頃です。

 

しかし、実際の機能はJinsPCメガネと比べてどうなのでしょうか。

なので今日は、JinsPCメガネとPENGIN PCメガネを比較したいと思います。

 



JinsPCメガネとPENGIN PCメガネを比較① 目の疲れ

まずは肝心の目の疲れ具合の比較です。

JinsPCメガネを付けて6時間パソコン作業をした時と、PENGIN PCメガネをかけて同時間パソコン作業をしたときには明らかにjinsPCの方が目の疲れが少なかったです。

もちろん、PENGINPCメガネには全くの効果がなかったわけではありませんが、少しだけ目が重たくなったと感じました。

(ただ、裸眼で作業をした時よりは明らかに楽です)

感覚としてはPENGINPCメガネはJinsPCメガネの6〜7割程度の疲れ軽減率だと感じました。

 

JinsPCメガネとPENGIN PCメガネを比較② デザイン

ではデザインはどうでしょうか。

JinsPCメガネの作りはとてもスタイリッシュで、触り心地がとてもいいです。

メガネをたたむ時も「スッ」とスムーズにたためます。

一方、PENGINPCメガネは少しだけ作りが安っぽいです。

メガネのフレームのプラスチック感がJinsPCメガネと比べると強いです。

特に、メガネをたたむときににプラスチックが擦れるような「ギギギ」という音がしてしまいます。

ただ、そこまでのちゃっちさを感じるわけではないので、2000円程度の値段を考えれば全くの許容範囲です。

 

JinsPCメガネとPENGIN PCメガネを比較③ セット内容

JinsPCメガネのセット内容は

① メガネ本体

② メガネクリーナー

③ 眼鏡用巾着袋です。

一方、PENGINPCメガネのセット内容は

① メガネ本体

② メガネクリーナー

③ メガネケース

④ ねじ調整用のドライバーです。

そう、PENGINPCメガネには専用の眼鏡ケースが付いているのがかなり高評価です。

眼鏡ケースのデザインもかなりかっこいよく、とくに触り心地がかなりいいです。

この眼鏡ケース付きで2000円程度ですと、かなり感激してしまいました。

 

JinsPCメガネとPENGIN PCメガネを比較④ コスパは結局どちらがいい?

では最後に、コスパはどちらがいいのかを発表しましょう。

両者の眼鏡でコスパがいいのは

PENGINPCメガネ

だと僕は感じました。

JinsPCと比べると、もちろん性能は劣りますが、半額以下(1500円以下)で、これほどの性能、付属品内容を備えているのはとても関心しましたね。

もし、PC眼鏡をとりあえず試してみたいという方で、かつパソコンでの作業が毎日6,7時間程度までの方がいたら、まずはPENGINPCメガネを買ってみることをお勧めします。

この程度の作業量ですとPENGINPCメガネでも十分に対応できます。

ただ、もし毎日10時間以上など長時間のパソコン作業をするようでしたら、僕は迷わずJinsPCメガネのご購入をお勧めします。

自分のライフスタイルに合わせてご自分のPCメガネをお選びください。

 

では、PCメガネで素敵なパソコン生活をお送りくださいな。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。