人に好印象を持たれるには

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはこの様な場面を経験したことはないでしょうか?

・電話に出たとき、耳に飛び込んできた声を聞いて「いい感じの人だな」と感じた。
・レストランに入ったとき、店員の接客がしらじらしいと感じた。
・恋人と会ったとき、明るくふるまっている彼から、なんとなく不機嫌が伝わってきた。
 こんなとき、私たちは何を根拠にしてそう感じているのでしょうか。
 答えは、「声」です。
米国の心理学者アルバート・メラビアンによると、下の図の通り、人に与える印象の4割は声で決まります。
話の内容はわずか7パーセントしか影響しないというのですから、理屈であれこれ考えて慎重にしゃべるより、声を改善したほうがずっと好印象になるわけです。
しかも、見た目は「飽きる、慣れる」のに対し、話し方や声は慣れてくれない。
良い声はずっと好まれ、嫌な話し方はいつまでも嫌がられるのです。
京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>