Youtube依存症なら「Stay focused」でブロックしてみては?

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暇つぶしの代名詞と言えば Youtube。

Youtubeって気がつくとボーッと見てしまいますよね。

ふと振り返ると『ああ、時間を無駄にしたなぁ』と思う事もしばしば。

 

このままじゃヤバいと思って、最近Chrome用の新しいプラグインを導入したらなかなか良かったので紹介します。

Youtubeだけではなく、自分が依存してしまっているwebサイトから距離を置きたいと思っている人は試してみてください。

かなり効きますよ。

 



指定したサイトをブロックするプラグイン「Stay Focused」

今回紹介するのは「Stay Focused」 というプラグインです。

 

 

このプラグインを使うと、指定したサイトを一定時間内、閲覧不能にしてくれます。

 

ブロックされたサイトにアクセスしようとしても 「あれ?今仕事中じゃないんすか?」 とアクセスさせてくれません。

 

条件指定も、「毎日何時から何時までブロックする」や、「平日だけブロックする」などいろいろ可能ですので自分のライフスタイルに合わせた閲覧条件を設定する事ができます。

時間が許す限りYoutubeを見てしまうという人に非常におすすめです。

 

このプラグインのいいところは、とっても「スパルタ」な所です。

なんとこのプラグイン、一度指定した条件はプラグインを消去しない限り変更することは出来ません

なので、

「この時間は普段はブロックしているけれど、今日だけは、ちょっとだけ、ちょっとだけでいいからYoutube見たい!」

と条件を変えようとしても

『甘ったれてんじゃねーよ!!!!』

と、条件変更をさせてくれません。

一度決めたルールを破らせてくれないのです。

松岡修造並みの厳しさです。

もう暑苦しいっす。

 

まあでも、そのスパルタのおかげで意思が弱い僕でもYoutubeを見続けるという事がなくなりました。

 

「Stay Focused」のインストール方法と設定

Stay Focused のインストール、設定はとっても簡単です。

(今回は指定してサイトを一定時間内にブロックする方法を紹介しています)

 

① çhromeのwebストアで「Stay Focused」と検索し、「+無料」からダウンロード

② 右上の毒々しいマークをクリックし、Nuclear Option をクリック

 

 

③ 設定画面で自分のライフスタイルに合わせた条件を指定する。

 

 

④ ブロックサイトを指定する。

左のメニューバーのBlocked Sitesをクリック

 

ブロックしたいサイトのURLを入力する。

 

 

 

ではぼくの条件はどうなっているかというと、

③ 設定画面で自分のライフスタイルに合わせた条件を指定する。

の画像を見ればお分かりの通り、

 

 

「ブロックサイト」で指定したサイト(Youtube)全体を

21時間の間

夜の11時から

週末を含む毎日

 

にブロックする条件を組んでいます。

これはつまり、Youtubeが閲覧可能な時間を夜の8時から11時の間だけに限定しているという事になります。

ですから、平日はもちろん、週末にも昼間はYotubeは閲覧できません。

夜の8時になったら3時間だけ視聴可能なのです。

 

 

僕の条件はなかなか厳しいものだと思うので、皆さんは自分のライフスタイルに合わせてフレキシブルに条件検討をしてみてくださいね。

もう一度言っておきますが、

一度条件を決めると、二度と変更はできません。

 

修造並みに厳しいんです。

暑いんです。

気をつけてください。

 

もうすぐ夏が来るなあ。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">