ソフトバンクからMNPしてDMMmobileにした

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近格安simが充実してきましたので、僕もすこし前にソフトバンクを捨てて、DMM mobileに乗り換えました。

その際に、ソフトバンクから転出手続きをしたのですが、今日はその時の様子を紹介します。

ソフトバンクの高いスマホ料金にもううんざりという方はぜひとも参考にしてください。

 



ソフトバンクから転出する場合はソフトバンクポイントの処理に気をつけろ

さて、ソフトバンクから転出する場合、まず気をつけないといけないのがご自分のソフトバンクポイントの処理です。

普通にスマホを運用しているならば、どなたも1000pt以上は溜まっているのではないでしょうか。

ソフトバンクポイントは、月々の料金の支払いに使えたり、オリジナルグッズとの交換やスマホの消耗品の購入の割引として使用できます。

 

ただ(ここからがとっても大事です)、 ソフトバンクを解約もしくはMNPする場合には気をつけることがあります。

それは、回線を解約する際に「ポイントもったいないから最後に一気に使おう」という手が使えないのです。

僕もMNPをする時に知ったのですが、ソフトバンクポイントを最後にオリジナルグッズと交換してバイバイしようとポイント交換申請をしようとしたら

「ソフトバンクポイントの使用を申請して、すぐにソフトバンク回線をご解約された場合、交換申請したポイントは無効になります」

と、但し書文で書かれていたのです。

 

 

孫さん本当に卑怯!

僕は今まで7年近くソフトバンクを使ってました。

他のキャリアがMNP乗り換え割で必死に乗り換えをアピールしていた時にもソフトバンクに留まりました。

そんなユーザーに対して、この企業はなんという仕打ちをするのでしょうか。

去ろうとする客はもう客ではないのですか。

 

まあ、別にオリジナルグッズなんて得に欲しいわけではなかったのですが、なんだかこのソフトバンクの自社利益主義にはうんざりしました。

もう、例えどんなに格安なプランを提供し始めても、この会社に戻ることは二度とないでしょう。

 

ソフトバンクから転出を考えている人は、ソフトバンクポイントの処理を早めにしておきましょうね。

 

DMMでプランを選ぶ

さて、ここからは実際にDMMへの転出手続きを紹介していきます。

転出する際にはDMMでどのようなプランを使うかを選ばなければいけません。

DMMmobileでは、自分のネット利用状況に応じて多彩なプランを提供しています。

公式ページによると、データ通信料と月額料金は以下の通りです。

 

高速データ通信容量 データSIM(通話機能なし) 通話SIM
ライトプラン 440円 1,140円
高速データ

通信プラン

1GB 590円 1,260円
2GB 770円 1,470円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,970円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 2,140円 2,840円
10GB 2,190円 2,950円
15GB 4,570円 5,270円
20GB 6,090円 6,790円

データsimというのは電話機能がないプランのことです。通話simとは、これまで通りな電話機能がついたプランになります。

高速データ通信容量というのは、その容量まで快適にデータ接続ができて、それを超えてしまうととっても速度が遅くなってしまうという決まりです。

例えば1GBを選ぶと、月に1GB分は自由にネット接続などができますが、Youtubeを見すぎたり、Googlemapを使いすぎたりしてデータ通信を大量に行い、データ通信量が1GBを超えると、超えた瞬間からインターネットの接続がとっても遅くなります。

(イライラするレベルです。でも全く使えないというわけではありません)

 

 

今回、僕は3GBの通話SIM(1500円+税)を選びました。

自宅や大学、よく行くカフェ、コワーキングスペースなどにはWiFi環境が整っていますから、3GBでも十分だと見積もったのです。

万が一データ容量をオーバーしてしまった場合は、追加で購入することができるので、その都度追加で買おうと思います。

 

また今回MNPをする際には、新しくsimフリーの端末を買わなければいけませんでした。

僕はとりあえず動けばなんでもいいやと思ったのでHUAWEIの一番安いやつにしてみました。

これが大正解。

ネットの通信速度も速いし、アプリの起動も速いし、電池の持ちもいいしでコスパが最強です。

また、この記事を執筆している時点で僕は海外でプラプラしているですが、海外のsimカードも使えて、世界中いつでもどこでもネットに接続できて本当に便利です。

今までのsimロックという悪行を働いてきた日本の3大キャリアが大っ嫌いになったほどです。

 

このHUAWEIの詳細については後日またあらためて記事にしますので、詳しく知りたいかたはそちらを参考にしてください。

 

プランを選んだらソフトバンクに電話してMNPの手続きをする

MNPをするには、現在のキャリアで手続きしてMNP予約番号というものを発行してもらわなければいけません。

店頭でもできますが、わざわざ出向くのも面倒なので、僕は電話にしました。

ソフトバンクは0800-100-5533にかければMNPの手続きが可能です。

ちなみに0800番号ならば、電話代は向こう持ちですのでご安心ください。

 

電話をかけるとまず音声ガイダンスあります。

ガイダンス通りに入力しますと、「オペレーターに繋ぐ」と言われたのですが、ここからがびっくり。

「ただいまオペレーターが大変込み合っております。しばらくお待ちになるか、お時間をおいて再度お掛け直しください。」

とまったくオペレーターに繋げません。

ありえないほど繋がりません。

 

僕は10分待って、ようやく繋がりました。

なんだか

「この待ち時間でMNP転出を客にあきらめさせようとしているのではないか」

と、ソフトバンクに対して不信感を持ってしまいました。

 

オペレーターに繋がると

・携帯電話番号

・名前

・転出先のキャリア

・なぜ転出するのか

・その他、ソフトバンクに対しての意見

などを聞かれます。

 

ソフトバンクに対しては、馬鹿高い料金以外にも恨みはたくさんありましたが、一応最後のお別れということで紳士的な答えをしておきました。

すべて言い終わると、ここからソフトバンクの引き留めが入ってきます。

 

「解約月が来年の〜月なのですが、そちらまでお待ちいただけないでしょうか。今解約されますと違約金がかかってしまいます」

 

これはソフトバンク(というか全キャリア)の常套手段ですが、僕はばっちり予習済みでした。

僕はMNPの手続きをした日から解約月まで残り5ヶ月ほどありました。

ソフトバンクには月額8000円程度払っていたので、解約月まで待つと計40000円を支払うことになります。

違約金は10000円程度です。

さらに、DMMmobileでは月額1600円程度ですから、5ヶ月使うとすると8000円になります。

したがって

40000円-10000円-8000円=22000円

と、今すぐDMMmobileに転出することで2万円以上のお金を節約することができます(通信データ容量は減りますが)。

つまり、解約月まで待つと金銭的に損をします。

 

何も知らないで「違約金が1万円かかる」と言われてしまうと

「え!じゃあ、解約月まで待つわ」

と安易に思いがちですので、みなさんもMNP転出の際には違約金と月の携帯代を計算しておき、今すぐ転出するか、解約月まで待ったほうが得かを確認しておきましょう。

 

 

 

「いえ、今すぐに解約します」

とソフトバンクのオペレーターに告げると

「そうですか」

と悲しそうな声で囁かれました。

ちょっと罪悪感が生まれましたが、お金の節約のためですから仕方ありません。

 

するとオペレーターはとんでもないことを言い出し、僕を引き留めてきました。

 

「〜様だけに特別なのですが、ただいまソフトバンクの他の機種に機種変更していただけるとソフトバンクポイントを3万ポイント分進呈いたします。このポイントは通話料金などに使えますので、大変料金もお得になるはずです」

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

えええええ!

と、びっくりしました。

MNPしようとすると、こんな引き留めポイントがもらえるなんて全く知りませんでした。

しかも3万ポイント(3万円分)です。

 

これにはちょっとぐらつきましたが、冷静に考えてみると、

DMMmobileを1年使ったとして

1600×12=19200円

softbankをあと1年使うと仮定すると

8000×12-30000ポイント=66000円

で明らかにソフトバンクを使うと損になりますから

「申し訳ありませんが、MNPします」

と丁重にお断りしました。

 

すると

「そうですか、、、、、わかりました、、、、」

と、ものすごい落ち込んだ声でオペレーターが嘆きました。

なんだか、本当に申し訳なくなったのですが、逆に「どうしてお客が申し訳ない気持ちにさせられるのか」疑問が湧いてしまいました。

 

ググって調べてみると、これは引き留めポイントとして結構有名なようで、ソフトバンクで機種変更をする人ならば知っておいて得な情報なようです。

 

その後は淡々と手続きが進み、無事にMNP転出予約番号が発行(SMSメッセージで)されました。

 

DMMで最後の手続き

MNP予約番号を発行したら、DMMmobileの公式サイトに再度訪れ、手続きを完了させる必要があります。

この時に

・運転免許証

・パスポート

・健康保険証

などの、公的な個人情報を確認できるものが必要になります。

提出はアプリ上で写真をとって、電子ファイルで送れますので手間は全くかかりません。

 

手続きが終わると、初回の料金がクレジットカードから引かれて、携帯端末とsimカードが自宅に送られてきます。

支払い完了から発送までが2日程度でしたので、MNPをした際の問題となる「乗り換え時の携帯が使えない問題」は実質1日ちょっとで終わりました。

なんだか拍子抜けでしたね。

 

その後は端末にsimカードを挿入し、すぐにDMMmobileの回線につながるようになりました。

 

気になるDMMmobileの通信速度は?

さて、ここで気になるDMMmobileの通信速度を紹介しましょう。

スピードテストというアプリで通信速度を計測してみたところ

下り 4.09 Mbps

上り 14.18Mbps

となりました。

使ってみた感覚としては、とっても速いです。

Youtubeなどの動画もばっちり視聴可能ですし、Googlemap,Facebook,Gmail,Hotels.comなど僕がよく使うアプリも問題なく利用できています。

むしろ、以前のソフトバンク回線より速い気がします。

 

また、DMMmobileは、マイページにアクセスするとデータ容量の節約をしたい方向けに高速データ通信モードのONとOFFが自由に切り替えられます。

この高速データ通信モードをOFFにした状態でスピードテストをしてみるとしてみると

下り 0.24 Mbps

上り 0.29 Mbps

 

と出ました。

使ってみた感覚としては、結構イライラします。

Yahooのトップページで15秒ほど、Googleでの検索に10秒ほどかかります。

Youtubeはもう視聴できません。

また、先ほど紹介したアプリたちも利用は難しいと言ってもいいでしょう。

ただ、全く利用できない程ではないので、容量をオーバーしても悲観する必要はありません。

 

DMMmobileにMNPしてみてまとめ

さて、総評ですが、今回僕はDMMmobileに転出して本当によかったと思っています。

その理由をまとめます。

 

携帯料金が格段に安くなった

ソフトバンクの時は月に8000円程度でした。DMMmobileになってからは1600円程度です。あのまま月8000円を続けていたら、2年間使えば7万〜8万円近くお金を多く払わなければいけなかったでしょう。

 

Simフリーの携帯が手に入り、海外のSimカードが使えるようになった

今回MNPをするにあたって、新しいSimフリーのスマホを購入しました(13000円程度)。

このsimフリースマホが大変便利で、特に海外によく行く僕にとって現地のsimカードが使えることは大変感謝しています。

 

手持ちのiPhoneはiPodtouch化して、無駄な電池消費が抑えられる

これまでのソフトバンクのiPhoneはsimロックがかかっているため、もう携帯電話としては使用できません。

最初はファクトリーアンロックでsimフリー化も考えたのですが、simフリーにするだけで数万円を支払わなければいけないのはバカバカしいのでやめました。

 

しかし、通話機能がなくてもWiFI環境があればネット接続ができるので今はiPodtouch化しています。

これでも結構便利でして、家ならばSkypeやLINE、FacebookなどのIP電話で通話できますし、カフェとか空港ではフリーのwifiでネット接続して楽しんでいます。

また、wifiルーターなどを使えば、このiPhoneでもいつでもネット接続はできますから、実質運用スマホが2台になりました。

すると、iPhoneをメインで使っていた時は電池の消耗が激しすぎてすぐに充電していたのですが、iPhoneの使用頻度が低くなり、電池の消耗がかなり抑えられました。

メインのスマホも電池持ちがいいので、最近はスマホの電池切れにあまり悩まなくなりましたね。

 

2年縛りがなくなった

3大キャリアの悪しき風習の一つが2年縛り契約です。

この2年縛り、何がむかつくって2年ごとに自動更新なところです。

なんでしょう、この最悪なシステム。

消費者をバカにしているとしか思えません。

今回のDMMmobileは、通話Simの場合最低使用期間が1年間となっていますが、それ以上使えばいつでも転出できますから、キャリアという束縛から解放された気がします。

なんだか一気に自由になりました。

 

3GBという上限のおかげで無駄にネットを見なくなった

今回、僕が選んだプランは3GBですが、これはYoutubeなどを視聴しなければバスや電車での移動中に十分ネットを楽しめる容量です。ただ、ソフトバンクの時の7GBと違って「少しだけネット接続を節約しようかなぁ」と、あまり移動中にネットサーフィンをしなくなりました。

その代わりに、本や論文を読んだり、好きな音楽やオーディオブックを聞いたりするようになり、人生が少し充実し初めた気がします。

今まで、ネットでどれだけの時間を無駄にしてきたのかと少し悔やむようになりました。

もちろん、節約しすぎない程度にネットは利用していますが、もし余った場合でも翌月に容量は繰り越せるので、とっても便利ですね。

 

 

以上がメインの理由になります。

 

 

今回のDMMmobileに転出してもデザリングやFacebookなどのこれまでの機能は普通に使えます。

それでも月の料金が一気に安くなりました。

なんでもっと早くソフトバンクから転出しなかったんだろうと悔やむレベルで転出してよかったです。

 

 

まだ、ソフトバンクという牢獄に囚われているみなさん。

早くそこから出てみましょう。

この自由な世界はとっても楽しいですよ!

 

今登録するとDMMポイントがもらえるようです。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。