Amazonで新オープンした「産業・研究開発用品ストア」を覗いてみた。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonからのメールで面白いものがあったので今日はそれを紹介しようと思います。

 

メールのタイトルは「2015年サマーセール開催、「産業・研究開発用品ストア」オープン 」

 

ほうほう、今までのネット通販サイトにはなかったB to C型の研究用品のストアをついにAmazonがオープンさせたようです。

あるようでなかったサービスですね。

 

早速覗いて見るとこんな感じ。

 

 

あら、なんともおしゃれなトップページじゃないの。

僕はバイオ系の研究をしているので、早速バイオ系の商品の品揃えを見てみましょう。

 

 

 

 

まずは1.5mlのマイクロチューブ。

うーん。うちの代理店よりは高いですね。

ちょっと微妙です。

 

次はおなじみのキムワイプ。

おーこれはなかなか安いですね。

一箱あたり200円ちょっとです。

 

キムタオルはどうでしょう。

うーん、これはちょっとだけ高いですね。

代理店から買った方が安そうです。

 

こちらもおなじみ、パラフィルムです。

これは個人で買う分にはとっても安いですね。

普通に代理店並みの値段です。

 

良く知らないメーカーのマイクロピペットも売っていました。

僕の使っているギルソンのピペットマンと比べると三分の一以下の値段ですね。

正確性はどれだけかはわかりませんが、それほど繊細な実験をしない人ならばこれで十分な気もします。

 

なんとAmazonでオートクレーブ機まで売っていました。

どれだけ幅が広いんだAmazon。

しかし、このサイズで20万円越えはちょっと微妙ですね。

 

 



産業・研究開発用品ストアの感想

さて、産業・研究開発用品ストアをざっと覗いてみた感想ですが、正直「まだまだ」だと感じました。

「バイオ系」というカテゴリーを設けながら、扱っている商品は本当に基本的なものだけです。

値段もそれほどは安くなく、得意先の代理店に頼んだ方が安いですね。

 

 

これからの発展に是非期待しましょう。

個人的には、分子生物学のキット(プラ抽キット)などをの取り扱いを始めてくれると嬉しいんですけどね。

キットのレビューがたくさん集まるようになれば、使えないキットに費やす無駄な金が減りますから。

 

 

ではまた。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。