大学院生向け奨学金まとめ

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは、大学院生向けの奨学金情報をまとめています。

 



1. 帝人奨学会

対象:修士、博士課程

応募資格:

当会が指定する大学に所属する医学・薬学系、バイオ学系、理工学系、工学系、情報学系に在籍している学生で次の条件に該当し、学部長又は学科主任教授の推薦を受け、かつ学校推薦を受けた者。
・2014年秋(9月、10月)または2015年4月に修士課程に進学することが決定している、または見込まれている者(外国人留学生も可)
※現在在学している大学から、他の大学院へ進学する場合は原則として現在の大学から応募してください。
※外国人留学生の場合は、留学予定先の大学から応募してください。

http://www.teijin.co.jp/eco/scholarship/scholarship/recruit.html#hakusiより引用

給与額:修士課程8万円/月、博士課程10万円/月

募集時期:春頃

2.公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

対象: 学部、修士、博士課程

応募資格:

次の各項全ての条件を満たす者でなければなりません。

  • 財団主催行事への出席を優先できる者。
    採用後、年に一度実施する財団職員との個別面談や交流会への出席を優先できる者。
  • 当財団の指定する大学で、財団指定の学部、研究科に在籍している正規学生であること。
    • * 詳細は学生課に照会してください。
  • 最短修業年限までの給費期間が1年以上見込まれる者。
  • 日本人:出願する年の4月1日現在、4年制大学第2学年以上、大学院修士課程または博士課程に在学し、
    大学生は原則として満23歳以下、大学院生は満33歳以下であること。
    留学生:出願する年の4月1日現在、4年制大学第2学年以上、大学院修士課程または博士課程に在学し、
    大学生は原則として満31歳以下、大学院生は満38歳以下であること。
  • 在学する学校長の推薦する者。
  • 健康で、学業成績、人物ともに優れている者。
  • 将来、民間企業・官公庁・学校等に勤務して、産業・文化面で活動し社会に貢献しようと志す者、またはこれらの活動に関連する学術の研究を志す者。
  • 学費の支弁が困難と認められる者。
    • * 日本人の場合、父母の年収合計税込800万円未満。ただし、就学中の兄弟姉妹が本人を含め3人以上の場合、年収税込1,000万円未満を目処とします。
      また、留学生の場合には、具体的な年収金額の制限はありません。
  • 採用後、三菱UFJ信託銀行(本店扱)に自身で普通預金口座を開設できる者
  • http://www.scholarship.or.jp/program/contents/application.htmlより引用

給与額:月額 55,000円(大学院生)

募集時期:

3.公益財団法人アイザワ記念育英財団

対象: 学部、修士、博士課程

応募資格:

・本年1年生在籍以上の者
・学業の成績が優秀である者
・学資の支弁が困難である者

給与額:月額 45,000円(大学院生)

募集時期:

4.公益財団法人中董奨学会

対象: 学部、修士、博士課程

応募資格:

1. 年齢30歳未満の方

2. 日本国籍を有し、日本の大学に在学中の方

3. 思想堅実、健康にして学業優秀であり、学資の支弁に困難している方

4. 大学学部3年生、大学院1年生(修士、博士課程問いません)
また事情によっては上級学年在学中の方でも差し支えありません。

http://www.nakashima-foundation.org/scholarship/entry/index.htmlより引用

給与額:月額 30,000円(大学院生)

募集時期:春頃

 

 

随時更新していきます。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>