アフィリエイトで簡単に稼げると思っている奴馬鹿なの?

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう、なんなんでしょうかあの人は。

 

ちょっと今、激おこです。

激おこぷんぷん丸です。

(ちなみにこの言葉はもう死語だと知ってあえて使っているので許してください。)

 

昨日、人数合わせのために渋々参加させられた合コン(といってもただの飲み会程度のもの)で出会った女の子からメールが先ほど来まして、こんな風に聞かれたんです。

 

「アフィリエイトって楽して稼げるって本当?ちょっと生活苦しいからお金が欲しい」

 

なんとまあ直球なメールですね。

 

その方には、「自分はネットでお金を稼いでいる」とだけお教えしたのですが、世間様には「ネットで稼ぐ=アフィエリエイト』という認識が出来上がっているみたいです。

 

まあ、アフィエイトでも割と収益をあげているので僕に聞いてもらっても問題はないのですが、いきなり「金を稼ぎたい」というのはちょっと引きますね。

 

さて、その方にはこういう返信をしてあげました。

 

「ブログを半年間、毎日1000字以上の記事を更新してみればいいよ」

 

この返信への返事はビックリでした。

 

「そーゆー冗談はいいから、アフィリエイトで楽して稼げる方法教えて」

 

・・・

はあ、まったく冗談じゃないんですけどね。

最初はこれぐらいしないと本当に稼げないんです。

というか、アフィリエイトが楽して稼げるっていう発想はそもそも間違いです。

 

アフィリエイトは全く楽ではありません!!!!(ドン!)

 

・マーケティング(キーワード選定)

・商品の選定

・サーバーの準備

・webサイト作成

・ライティング

などなど、やる事はたっっっっくさんあります。

そして、ひとつひとつの作業を吟味して、「どうしたらこの商品が売れるのか」を毎日毎日考えるのがアフィリエイトです。

 

アフィリエイトで楽して儲けたいなんて考えている人に、こんな頭を使う作業なんて出来るわけがありません。

月100円も稼げないでしょう。

もう、頭の弱い人間には本当にがっかりします。

 



戦犯は世沢翼

このようなアフィリエイトの間違ったイメージを世間様に植え付けたのは、間違いなく世沢翼さんの影響だと思います。

ちょっと前に関東圏のJR線の広告がこの本で埋め尽くされたのを覚えていますか?

 

秒速で1億円稼ぐ条件

この

THE 金!

という印象を即座に植え付ける毒々しい黄色の本。

 

世沢翼氏のこの本+テレビ出演での影響で、世の中にアフィリエイトの間違った印象が植え付けられてしまったと考えています。

 

また、それに便乗して「すぐに月収 100万円!」などと謳って、情報商材を売りつける連中も同犯者です。

そんなに楽して稼げたら、世の中苦労しないですよ・・・。

 

アフィリエイトで稼ぐには

では、ここで僕がアフィリエイトで稼ぐ方法を紹介していきましょう。

アフィリエイトで稼ぐ方法、それは

 

「相手に満足感を与える事」

 

です。

 

アフィリエイトで稼げると言われている3ジャンルは

①単純に面白いもの

②悩み、疑問を解決するもの(肌荒れの悩み解決サイトなど)

③共感を生むもの(感動系、考えさせる系のサイトなど)

とされています。

これらのジャンルに当てはまるもので、かつ相手を満足させられるコンテンツを作った方にはもれなく(本当に”もれ”がなく)報酬が入ってきます。

 

あなたは文章(動画でもよい)で人を笑わせられますか?

もし笑わせる自信があるならば①に当てはまるので報酬を得られることは可能でしょう。

 

あなたは人にアドバイスを与えられる様な知識、技能はありますか?

また、それを他人にわかりやすく説明できる文章力ありますか?

もし可能ならば、②に当てはまるので報酬は得られます。

 

あなたには、人から共感を得られる様な経験はありますか?

あるようならば③に当てはまるので稼ぐ事は可能です。

 

アフィリエイトはこのように「自分が稼ぎたい」ではなく「いかに相手に満足感を与えられるか」がメインポイントです。

ですから、最初から

「自分が稼ぎたい!!!」

と、自分!自分!と主張し、相手の事を全く考えてないような人は全く稼げません。

 

常に「相手」が最初に来ます。

 

「この商品を買う人はどんな悩みを持った人だろう」

「こういう悩みを持った人が買う商品かもしれない」

「ではこの悩みを丁寧に解説したサイトをまずは作ってみよう」

「アクセス数が増えてきたら、この商品を紹介してみよう」

 

という、相手目線で販売戦略を考えていき、コンテンツを作っていった人が稼いでいけるのです。

 

 

どの時代には楽な商売なんてない

なんだか20代後半の若造がこんなことを言うのはおこがましいかもしれませんが、僕は「いつの時代でも楽して稼げる方法なんてものはない」と思っています。

体を動かしたり、頭を働かせて、一生懸命作業して報酬というものは生まれていくものだと思っています。

 

なにもしなくお金が入ってきたなら、この世の中に貧乏なんて言葉は存在しなくなります。

 

今一度、稼ぐという事を考え直してみましょう。

いつの時代も、相手を満足させるから報酬(稼ぎ)が発生するのです。

 

この根本原理を忘れないようにと合コンで出会った子に伝えたいのですが、めんどくさいので放置しよう。

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">