大学院生のみんな、アフィリエイトやろうぜ!学費とか大変だろ?

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

056

*タイトルに「大学院生」と書かれていますが、お金に困っている人全般を対象にした記事です。

 

みなさんこんばんわ。

初めましての方は初めまして。

私は都内の理系大学院で生物系の研究をしている、しがない大学院生です。

 

理系大学院生という事は、毎日夜遅くまで実験をしているわけで、バイトなどという時間食いなものに割く時間がほとんどありません。

周りを見てみてもバイトをしている人はほとんどと言っていいほどいなく、みんな親からの援助や奨学金で厳しい財政状況をやりくりしているようです。

 

かく言う私は、親からの生活費の援助というものは一切ありません。また、奨学金も一切借りていません(お金を借りる事が嫌いなのです)。

では、どうやってお金をやりくりしているかというと、答えは”ネットビジネス”です。

 

 

「ネットビジネスって良く聞くけれど、なんかうさん臭い!この人なんだか怪しいんじゃないの?」

 

と、ピュアなあなたはそう思われたでしょう。

しかし、私は実際にネットビジネス、特にアフィリエイトと呼ばれるビジネスで月に10万以上稼いでおり、バイトを一切せずに、かつ親からの学費の援助もなく、なんとか生き延びる事が出来ているんです。

 



そもそもネットビジネスって何?

 

ネットビジネス

 

ネットビジネスって聞いた事があるけれど、一体どんなものなのかはわからないという方も多いでしょう。

ネットビジネスとは、簡単に言うと

ネット上に何かしらのコンテンツ(文章や動画、音楽など)を上げて、そこから収益を得るビジネスです。

 

収益の得方としては、大きく

 

① クリック型広告

② アフィリエイト型広告

③ 純広告

の3つに分けられます。

 

①のクリック型広告とは、このサイトの右上や記事下にあるような広告がクリックされる毎に、広告費が貰えるという仕組みの広告です。

このタイプの広告としては、Google社のAdsenseと呼ばれるものが代表的です。

 

②のアフィリエイト型広告とは、現在のネットビジネスを代表するもので、ユーザーが自分のサイトから何かしらの商品の販売ページに移動し、実際に商品を購入する事によって、売り上げの一部をいただけるというスタイルの広告です。

基本的に売り上げの数%から10%という歩合が多いので、高い商品を売れば売るほどマージンは大きくなります。

このタイプの広告としてA8.netバリューコマースが有名です(アフィリエイトサービスプロバイダーという)。

 

③の純広告とは、自分のサイトに「自社のサイトを宣伝したい」という企業の広告を載せる事によって、月にいくらという広告費をもらうタイプの広告です。

このタイプの広告は大手のメディアにならないとなかなか貼ることはできません。

 

 

なぜ、大学院生の私はバイトをせずにネットビジネスをするのか

どうして僕がお金を稼ぐのにネットビジネスを選んだのかと言いますと、一番はやはりローリスクな所です。

ネットビジネスで必要な経費は

①サーバー代

②ドメイン代

③パソコンを使うための電気代

程度です。

 

たったこれだけの金銭的なリスクで短時間で月に10万円という金額を稼げてしまうのがネットビジネスなのです。

 

また、ネットビジネスは時間的な制約が少ないというメリットもあります。

実験の合間に、世間の皆様の役に立ちそうな記事を書いて、自分のホームページにアップロードをする。

この隙間時間活用によって、だんだんと毎月の収入が増えていき、経済的に楽になってくるのです。

このようなメリットは「毎週何時から何時まで」という、時間固定のバイトでは考えられないです。

 

最後に、ネットビジネスはなんと言っても気楽です。

こちとら毎日毎日実験で精神的に疲労しているわけで、そのような状況でバイト先に行って何かしらの作業を行うということは、私にとっては気が重かったのです。

ネットビジネスならば、「今日は本当に疲れたから何も作業しなくていいや!」という日が出ても全く問題無いのです。

 

 でも一体どうすれば稼げるの?

このように、一見するといいことづくしのネットビジネスですが、毎月の生活費程度を稼ぐには一体どうしたらいいのでしょうか。

答えは単純です。

”自分の好きな事、得意な事を継続的にネットにまとめよ! (ドン!)”

これだけです。

 人間は誰しも、好きな事や得意な事があると思います。

例えば、サッカーが好きな人がいたら、サッカーのテクニックやうんちく、サッカーの歴史や世界各国のサッカー選手などの情報を詳しくまとめたサイトを作ってみましょう。

料理が好きな方がいたら、自分のオリジナルの料理や、イベントに合わせた料理方法などを掲載したウェブサイトを作成してみましょう。

より、詳しく、わかりやすく書けば書くほどサイトの訪問者が増えていき、そこから自然と収益(広告費やアフィリエイト収益)が上がってきます。

「そんな単純なことで本当に稼げるのかよ!?」

今、あなたはそう思われたでしょう。

稼げるんですよ。こんな単純なことで。

しかしながら、世の中の大多数の人間はこんな単純なことも出来ないのです。

私は、お金に本当に困っているという人を何人も見てきましたし、何度もネットビジネスのやり方を教えてくれと頼まれ、教えてきました。

しかし、大部分の人間は

「めんどくさい」

「時間がない」

などの、”どーしようもない理由”でサイト作成を中途半端に終えてしまうのです。

やれば必ず稼げるのに、人間というものは行動をしないんです。

やる人は必ず報われるんです。

これがネットビジネスの現状です。

単純な事をコツコツとこなせる方はネットビジネスで必ず成功します。

ネットビジネスの始め方は?

では、ネットビジネスをやってみたい!という方の為に、私が積み上げてきたノウハウの一部を紹介していきます。

ネットビジネスの流れは

① レンタルサーバーの用意

② ドメインの取得

③ ウェブサイト作成

④ 広告掲載

となります。

 

①のレンタルサーバーの用意とは、自分のサイトを設置する土地を業者から借りるようなものです(月額1000円程度、安ければ数百円のもあり)。この土地上に自分のサイトを設置して、収益を得ていく事になります。

 

代表的なレンタルサーバー屋としては

 

エックスサーバー

ロリポップ!

などが挙げられるでしょう。

 

②のドメインの取得とは、土地(サーバー)に登録する住所のようなものです。

このサイトを例に挙げると、tsubuyakibio.comというのがドメインです。

このドメインも月額でお金がかかります(月100円程度)。

 

サーバーとドメインの取得が終わったら、いよいよ自分でウェブサイトを作成していくことになります。

 

「ウェブサイトの作り方なんか一つもわかんねーよ!」

 

とお怒りの方も安心してください。

私も実はよくわかりませんし、プログラミングとかもあまり得意ではありません。

ではどうやってサイトを作っているかというと、Wordpressという素晴らしい無料サービスを利用するのです。

WordPressとは、簡単に言えば誰でも手軽にウェブサイトを構築できるシステムで、現在世界中で使われ始めています。

WordPressを使えば、なんの勉強もせずに、本格的なウェブサイトが作成出来てしまいます。

詳しい使い方はいろいろなサイトで解説されているので 「Wordpress 使い方」や「Wordpress 初心者」などでググって調べてみてください。

飲み込みが早ければ一日でウェブサイトが完成します。

 

ウェブサイトが出来たら、どんどん記事を投稿していきましょう。

自分の好きな事、得意な事ならなんでもいいんです。

 

継続的に、みんなの役に立つように記事をたくさん書いていきましょう。

最低目標としては1000字の記事が30記事程あれば、毎月ある程度の訪問者を獲得できるでしょう。

 

サイトへの訪問者が増えてきたらいよいよ広告を貼っていきましょう。

え? なぜ、最初から広告を貼らないかって?

それは、充分なコンテンツもないサイトに広告を貼ったら、逆に悪影響になってしまうからです。

詳しい理由はいつか改めて記事にしようと思いますが、サイトの初期にはあまり広告を貼らないようにしておくのが定石です。

 

広告を貼る際の注意点としては、自分のサイトに合った広告を貼りましょう。

Adsense広告の場合は、googleが自動的にサイトに合った広告を表示してくれるので無問題ですが、アフィリエイト広告を貼ろうとしている場合は、自分のサイトに関連のある商品の広告を貼らなければ収益は上がりません。

だって考えてみてください。

サッカー情報をまとめたサイトに赤ちゃん服の商品広告があったとしても一体だれがそれを買うのでしょうか。

サッカーのウェブサイトには、サッカーに関するスポーツ用品の広告を貼りましょう。

また、料理系のウェブサイトには、調理器具などの広告を貼りましょう。

 

ネットビジネスで稼げない人の共通点

以上がネットビジネスの始め方の概略なのですが、この方法でいつまでたっても稼げないと嘆く人が多い事多い事。

しかし、話を聞く限り、それらの人にはかなりの共通項があります。

 

① 他のサイトのパクリ(酷い場合はコピペ)

最低です。今すぐにネットビジネスから手を引いてください。迷惑です。

他のサイトに載っているようなありきたりな情報をいまさら並べても訪問者は流れてきません。

むしろ、検索エンジン(Google 様)が怒って、検索順位を思いっきり下げてきますので、やらないほうがいいでしょう。

 

② 内容が薄い

オリジナルであっても、内容が薄いサイトでは収益は伸びません。

先ほども述べたように、最低目標として、1000字×30記事程度のウェブサイトを構築しましょう。

 

③ 広告が合っていない

先ほど説明したように、自分のサイトの内容と広告がマッチしていないケースは多いです。

ダイエット関連のウェブサイトにカニ販売の広告を載せても誰も買ってはくれません。

 

④ 広告がベタばり

広告の内容とサイトの内容が合っていても、べたべたとたくさんの広告を貼ってしまっては逆効果です。

とくに初心者はあれもこれもと広告を載せる傾向がありますから、広告はこれぞと思ったもので絞って掲載するようにしましょう。

 

ネットビジネスで自由に

以上、ながながとネットビジネスを概論的に紹介してきましたが、まだ書きたい事はたくさんあるんです。

しかし、私が一番言いたい事は

ネットビジネスのおかげでかなり自由になれた

ということです。

 

大学院生という身分は、いい年なのに、給料は貰えず、しかも年間数十万の学費を払わなければいけないというなんとまあ不遇なモノなのです。

しかも、バイトをする時間なんてありませんからお金が無いんです。

私の教授は

「親のすねをかじるか、彼女のひもになれ!」

と豪語していましたが、恥ずかしいじゃないですが、そんなの。

変にプライドを持つなと何度も言われましたが、僕はプライドを持ちたいんです。

経済的に独立して、自由になりたかったんです。

そんな時に、ネットビジネスが僕を助けてくれました。

 

この記事を見ている人は、大学院生に限らず、お金に困っているのでしょう。

そのような人には、是非共ネットビジネスをお勧めします。

 

研究の合間に、仕事・バイトの合間に、家事の合間に。

隙間時間を上手く活用するだけでこれだけのお金を稼げるシステムは他にはないと思います。

 

皆様が、ネットビジネスを通じて、経済的にも、心理的にも自由になれるよう、心から祈っています。

(特に経済的に苦しい大学院生、がんばれ!)

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>