パンダアップデートにやられた、どうしよう(僕は悪くない)

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年に行われたパンダアップデートのおかげで、自分の稼ぎ頭のサイトのアクセス数がずるずると下がっていきました。

これはショック。

 



パンダアップデートって?

このページを見ている人でパンダアップデートを知らない人はかなり少数だと思いますが、少し解説を。

パンダアップデートとは、Googleが低品質と評価したウェブサイトの検索順位をガクッと下げてしまう何とも無慈悲なものです。

こわいこわい。

SEO HACKSによると、具体的には次のようなサイトがペナルティーを受けたようです。

・独自性や専門性が低い
・広告の占める割合が多く独自コンテンツの割合が低い
・内容が乏しく、薄っぺらい
・サイト内の他のページと共通する部分が大半
・外部サイトからのリンクを得られていない
・ソーシャルメディアで共有されていない
・他サイトと内容が重複している

 

また、パンダアップデートでペナルティを受けたサイトの検索順位の下がり方には次の様な特徴があると説明されています(BELKAより引用)。

 

ちょっと専門的な話になりますが、パンダアップデートに引っかかってしまった場合、順位がずるずると少しずつ下がっていってしまうことが特徴です。「なんか少しずつ順位が下がってるな~」と思っていて、数ヶ月して気がついたら10位以内にいたキーワードが、30位ぐらいに沈んでしまったという感じです。

これは、Googleが該当サイトと、Web全体のサイトを毎日少しずつ比較し評価していっているため、その解析に時間がかかってずるずる少ずつ順位が下がっていっているためとも言われています。

 

今回、僕のサイトの検索順位の下がり方を見ても、数ヶ月かけてズルズルとなだらかな下降線を描いているので、パンダに襲われたと見て間違いないでしょう。

いろいろなサイトを見回っていますと、自演リンクを大量に送って検索順位をあげていたブロガー、アフィリエイターは同様にかなりのダメージを受けたようです。

これからのSEOは自演リンクではなく、コンテンツに力を入れたしっかりとしたサイトを作っていくことが大切になったと改めて理解できましたね。

 

僕のサイトはオリジナリティー高くてSNSからの被リンクも多いのになぜパンダに襲われた?

さて、僕が今回ペナルティーを受けているサイトなのですが、個人的にはオリジナリティーがかなり高く、SNSからの被リンクも合計で50ぐらいついていますので、パンダに襲われる覚えは全くありません。

調子の良かった頃は一日のオーガニック検索数が800〜1000と中規模サイトとしてはかなり調子がよかったのですが、今は良くても一日150がマックスになってしましたした。

売り上げもAdsenseとアフィリエイトを合わせて月20000円程だったのが、今月は1500円程度です。

さて、このサイトに一体何が起こったのでしょうか。

 

自分が悪くなくても周りが良くなった

なんだか無実の罪を着せられた気分だったので、ちょっと詳しく調べてみました。

すると気づいたのですが、検索順位の上位に来たサイトの文章量が非常に多く、コンテンツ力が非常に高い事がわかりました。

実は、今まで僕のウェブサイトが上位にいたときは、前後のページは中身の薄いペラサイトの様なものでした。

おそらく、自演リンクか何かで検索順位をあげていたのだと思われます。

しかし、そのようなサイトが一掃されて、下位にいた本当に優秀だったサイトが上位に食い込んできたようです。

つまり、本当に価値のあるサイトが上位に来て、結果的に私のサイトの順位が下がっているのですね。

 

つまり検索順位を戻すにはサイトのボリュームアップしかない

じゃあ、僕のサイトの検索順位をあげるにはやはりコンテンツを追加するしか選択肢がないと思われます。

現在、週に1ページ(1000字程度)を投稿していっているのですが、結果が出るのはおそらくしばらく経ってからでしょう。

そのときにはまたこのサイトで報告します。

 

今回、パンダに襲われてしまったブロガー、アフィリエイターの皆さん、是非共パンダを打ち返せるように頑張りましょう!

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>