アカウントは有効ではありません – アカウントを有効にして広告掲載を開始するには、お支払い情報を入力してください。と出て困った

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、グーグルのアドワーズに登録して広告を出稿したのですが、全てを設定し終えて「終わったー!」と思っていたら。

 

「アカウントは有効ではありません – アカウントを有効にして広告掲載を開始するには、お支払い情報を入力してください。」

 

と赤い警告が堂々と出てきて、自分の広告が表示されていませんでした。

 

「支払い情報はしっかり設定したのになんだろうなぁー」と疑問に思い、いろいろなサイトを見て回ったのですが、全くこの警告について解説しているサイトがありませんでした。

 

クレジットカードを新たに設定しても、問題は改善されなくてどうしようと途方に暮れていたときに、グーグルからメールが来ていたのを発見しました。

 

[Google AdWords リンク先ページとサイトに関するポリシーによる広告掲載停止のお知らせ]

AdWords をご利用のお客様

お客様のサイトの 1 つが広告掲載のポリシーに違反しているため、お知らせいたします。このため、該当するサイトにリンクしている広告は掲載されず、またそのサイトにリンクする新しい広告はすべて不承認となります。

ポリシー違反: 有用性の低いコンテンツ

 

あ、なるほど。

僕が登録したサイトに「てめーのサイト、質が悪過ぎんだよ」とグーグル先生がとっても怒っていたようです。

アドワーズをとりあえずで試してみたかったのでページ数がかなり少ないサイトの広告を出稿してみたのがダメだったようです。

反省!

 

その後、低品質とされたサイトを削除してしっかりとしたサイトの広告を設定したら「アカウントは有効ではありません」の警告はしばらくして消えてくれました。

そして、今は無事に広告が検索結果に表示されいます。

 

もし、「アカウントが有効ではありません」という警告が出て困っているアドワーズ広告出展者がいたら是非共メールボックスを確認してみてくださいね。

 

 

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">