TOEFLのリスニングの勉強法

By | 2013-08-16

 

英語能力の基準となるテストの中でtoeicとtoeflは特に企業や留学生に重要視されています。

特にtoeflは母国語を英語としてない人のコミュニケーション能力を知る上では大切です。

何処の国の言語にも共通していますが、読む・聞く・話す・書く能力は言語の基本です。

日本の英語教育では、読む・書くという能力に重点が置かれてきたため、聞く・話す能力の発達が遅れています。

しかし、コミュニケーションをとるということを考えれば聞く・話す能力を鍛える必要があるのです。

 

toeflの試験でのリスニングの勉強法は、何といっても聞くことです。

過去問題だけでなく、様々な英語を聞き分けることがtoeflのリスニングの勉強法として最短の方法といえます。

国内にいても英語圏からの留学生や旅行者と話す機会は増えています。

また、ビジネスの場においても通訳を介しての会話より、お互いが直接話しをすることができた方がよりコミュニケーションも深まります。

語学の修得においてその国の会話を聞き分けるリスニングの勉強法は、単純ですが集中力が必要です。

語学はまず耳を慣らすことが修得のコツです。

英語だらけの環境に身を置かなくても、英語のリズムや臨場感を耳になれさせることでセンテンスや単語が少しずつ判別できるようになりますので、toeflの試験にも効果的です。

科学と音楽と猫が好きなScientistです。