エールフランスの国際線に乗ってみた感想、体験談

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今現在、僕はフランスに旅行中なのですが、フランスに来る際には飛行機はエールフランスを利用しました。

 

エールフランスの航空券はもう御用達のスカイチケットで取ったのですが、チケットを取る前にエールフランスの評判をネットで見てみるともう散々でした。

 

サービスが悪い

席が狭い

これで本当にフラッグシップか

フランスに行く前からフランスが嫌いになった。

 

きゃー、ここまで悪評をつかれる航空会社は他に見た事がありません。

僕は以前にネットで悪評だらけの中国東方航空を使った時に

「なんだ、ネットの評判ほど悪くないじゃん」

と、拍子抜けした思い出がありましたので、今回のエールフランスの悪評についてはそれほど気にせず航空券を取ってしまいまいた。

 

しかし、それが失敗の始まりでした。

 



僕の人生上もっとも狭い機内席

IMG_6259

エールフランスを利用しての一番の感想は一言です。

 

おい!席狭すぎだろ!!!

です。

 

あり得ない程狭いです。

 

僕は今までに数々のLCCに搭乗してきましたが、ダントツで一番狭かったです。

普通の体格の男性が4人席に座ると、隣の人と方がぶつかってしまいます。

また、前の座席との間隔が異常に狭く、膝はもう前の席につきます。

 

この席でどうやって10時間以上を過ごせというのでしょうか。

機内アナウンスで「狭い機内ではございますがゆっくりとおくつろぎください」と言っているけど、この狭さでくつろげるわけないやろうか!

 

食事をしようにも、台を出せばもう全く身動きが取れないほど。

これでは落ち着いて食事が出来ません。

 

僕はフランスまでの道のりは12時間の苦行だったと思っています。

 

CAの対応は普通

さて、席の狭さに対しての文句は以上で、次に CAの対応についてです。

正直に申し上げると、可もなく不可もなくといったところで対して文句を言う程度ではありまえんでした。

 

ネットの評判を見ると

CAの態度が最悪

なんだか偉そう

という意見が多かったですが、決してそんなことはありまえんでした。

もちろん、日本のサービスと比べてしまうと見劣りはするとは思いますが、しかしそれは日本のサービスが異常なのであって、エールフランスのサービス自体は至極普通のものだと感じました。

ただ一つだけ思ったのが、食事の配給が少し遅いです。

僕は一番後ろの方に座っていたのですが、配給がゆっくりなので食事の時間が前方の人より数十分遅れた気がします。

しかし、機内食をそこまで楽しみにしていない僕にとっては大した問題ではないので、ノーカウントでした。

 

機内サービスは最低限

さて、エールフランスの機内サービスについて詳しく解説していきましょう。

まずは席に備え付けのタッチパネル式スクリーン。

IMG_6257

 

このスクリーンではフライト情報の他、映画や音楽、現地の観光情報、機内にいる友達とのチャットなどが楽しめます。

映画に関しては、日本語のものがいくつか選択可能でした。

ただ、フランス語や英語の映画数に比べるとかなり少ないですので、あまり期待しないようにしましょう。

ただ、エールフランス凄い!と思った事がありまして、この液晶USBメモリが差し込み可能なんです。

ですから、あらかじめ自分の見たい映画や音楽をUSBメモリに入れておけば、機内で楽しめてしまいます。

僕はUSBに水曜どうでしょうの映像ファイルがたくさんあったのでフライト中どうでしょうをずっと見ていました。

狭い機内で、どうでしょうを10時間見続けました。

深夜バスの旅を見ている最中、彼らの辛さがよくわかった気がします。

 

次に食事ですが、こちらも普通と言ったところ。

まずくもなく、特別美味しいという訳ではありまえん。

ちなみに日本発、着の時にはお米が出ます。

フランスの飛行機という事でチーズがよく出ましたが、僕はそれほどチーズが好きではないのでそこまで嬉しくありませんでした。

あと、赤ワインが少しだけ充実していました。

さすがフランス。

 

エールフランスを利用してみて まとめ

さて、全体的な感想ですが。

エールフランスは席が狭すぎ

の一言です。

席以外のサービスに関しては普通なのですが、あまりの席の狭さに総合点は−100点です。

ですから、これからエールフランスを利用するという方には次のことをお勧めします。

 

1.オンラインチェックインで有料でも少しでも広い席を取る

エールフランスは搭乗の30時間前から公式サイトでオンラインチェックインができます。

その際に座席を選べるのですが、

非常口付近

2列シート

は有料(2000円から3000円程度)で選択可能です。

エールフランスを利用する際にはこれらのシートを狙いましょう。

僕は帰りのシートを非常口付近にしましたが、行きの辛さが60%は改善されました。

3000程度の出費でしたが、それで12時間が楽になると思えば安い出費でした。

 

2. 無料の席でも絶対に真ん中の席を取るな

もし、有料の席が嫌という人でも、絶対に真ん中の席は取らないようにしましょう。

オンラインチェックインでなるべく窓側か通路側を取る事をお勧めします。

窓側なら壁に寄りかかれて少し広くなりますし、通路側なら片側が広々しているので心理的に少し楽です。

真ん中の席は地獄です。

 

3.  首枕を買え

エールフランスの席は狭い上に余りリクライニングしないので、首が疲れます。

首枕を買っておかなかった事を大変後悔しました。

安いものでも大丈夫ですから、何か一つ買って行きましょう。

 

 

 

以上、エールフランスを利用したレポートになります。

僕はもうあまり使いたくない航空会社ですね。

もし、使うとしてもまた有料の席を取ると思います。

でも、有料の席を取るくらいなら、他の航空会社を試した方がいいかもしれません。

 

 

ちなみに、エールフランスは機内安全ビデオがとってもお洒落でした。

さすがフランスと言った感じ。

youtubeで見られます

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。