フランスのモンペリエでトラム電車に乗ってみた

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は現在フランスのモンペリエという所に来ています。

モンペリエは南フランスに位置していまして、その温かい気候からかとっても過ごしやすい地域ですね。

モンペリエには町中にトラム電車が走っていまして、市民の足になっています。

このトラム電車が日本のシステムと違ってかなり面白いんです。

 



モンペリエのトラム電車はとってもかわいい

IMG_6062

モンペリエの町中を走るトラムは日本の角張った電車と違ってマルっこくて、とってもかわいい形をしています。

色も花柄だったりして、フランスらしい可愛さを演出しています。

出発する時も、鐘でリーンリーンとお知らせしてくれて何これかわいい状態。

 

 

中はこんな感じでコンパクト。

IMG_6067

 

 

電車に乗ったら次のような機械にチケットを通すか、日本のSUICA的な電子カードをタッチする必要があります。

IMG_6066

ビックリしたのですが、自転車やペットの持ち込みがオーケーで、とっても大きい犬を連れ込んでいる人がいまいた。

吠えられないかちょっと怖かったです。

 

とっても大雑把な料金システム

モンペリエのトラムは1旅行(1 journey) 単位で料金がかかります。

1 journyは1ユーロ50セントで、機械にチケットを通した瞬間から一時間電車に乗り放題になります。

10回まとめて買うと10ユーロとかなりの割引になり、1時間の利用が1ユーロぽっきりになります。

チケットは各駅の自動販売機で購入可能です(クレジットカードOK)。

この1時間の利用というのがかなり大雑把で面白いですね。

1時間内であれば、電車に乗ってちょっと買い物して帰って来れますから、実質1ユーロで一つの用事が完了してしまいます。

また、ぶっちゃけてしまいますと、電車の中でチケットの検閲などは普通はありませんから、一時間をちょっと過ぎてしまっても全く問題なく電車を降りてしまえます。

(ただ、不正乗車は絶対にやめましょうね)

しかし、この様な輩(特に学生)が多いのか、朝の通学時間帯のラッシュ時に一回だけチケットの検閲が来ました。

この時に不正乗車しているオラオラ系のフレンチボーイが電車から降ろされてかなり怒られていたのが面白かったです。

 

モンペリエのトラムの運行範囲

モンペリエのトラムはかなり広範囲に渡って運行しています。

線路の中心はモンペリエの中心であるcomedy広場で、そこから東西南北に線路が伸びています。

路線はLine1,2,3,4に別れていて、ラインごとに進行方向が決まっています。

基本的にモンペリエの主要な場所にはトラムで行けるようになっているので、バスやタクシーなどを使わなくても、このトラムだけでモンペリエの観光は済んでしまいますね。

電車の本数はかなり多く、中心部ならば遅くても10分程度で次の電車が到着します。

また、終電も12時近くまであり、夜にバーで遅くまで飲んで夜遅くにトラムで帰ることも可能です。

 

 

 

モンペリエにお越しの際は是非共このトラムをご活用下さい。

 

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。