「Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります」と出たときの対処法

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressの公式プラグインで最強のプラグインであるJetpack。

このブログでも多分に漏れず、つい先日導入致しました。

 

でも、導入してWordpressと連携しようとすると

「Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります」

というエラーメッセージが出てしまい、上手いこと動きませんでした。

しかし、サーバー側でちょちょっと調整をしたらいとも簡単に解決しましたので備忘録としてここに記録しておきます。

(今回はX-serverでの対応方法です)

 

 

① X-Serverのサーバーパネルにログインし「WordPressセキュリティ設定」をクリック

http://www.xserver.ne.jp/から自分のサーバーパネルにアクセスします。

その後、パネル下部にある「 WordPressセキュリティ設定」をクリックします。

 

 

 

② Jetpackを導入したドメインを選択する。

Jetpackプラグインを導入した自分のドメインを右の「選択する」から選択します。

他のドメインを選択しても全く意味がないので注意しましょう。

 

 

③ ページ下部のXML-RPC APIアクセス制限を解除する

ドメインをクリックすると、「XML-RPC APIアクセス制限」という項目があるので、ここの「OFFにする」というボタンをクリックします。

 

 

 

④ 画面を確認する

「国外IPアクセス制限設定の変更が完了しました。」

という表示が出れば全体の設定は完了です。

 

 

この設定が終わったあと、自分のブログの管理画面からJetPackのプラグインに移動し、Wordpressとの連携をすれば終了です。

 

意外と簡単にできましたね。

 

では!

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。