初めてサイト引っ越しをしてみた(301によるリダイレクトの設定方法)

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先月のことになりますが、HTMLで独自に作っていたサイトをWordPressに引っ越ししました。

HTMLサイトの更新って、ファイルにアクセスして、記事を保存して、内部リンクの調整をして、FTPソフトでサーバーにファイルをアップロードしてとやることが多くて大変じゃないですか。

その一方Wordpressならば、管理画面にアクセスして、記事を更新して、更新ボタンを押せばそれだけで仕事は終わりですから、もうサイトの更新に無駄な時間をかけることは時間の無駄だと思い、思い切って新しいドメインをとって、サイトの中身をすべてWordpressに移しました。

 

サイトの引っ越しをする際に必ずやらなくてはいけないのは、301によるリダイレクトです。

これは、古いURLのサイトにアクセスしてきた人を、新しいサイトのURLに自動的に飛ばす方法で、googleもサイトの引越しの際にはこの方法を強く推奨しています。

今回のサイトの引っ越しは後述の通り、少し複雑な引っ越しだったので、この301のリダイレクトがなかなかうまくいかず苦労しました。

そこで、この記事では健忘禄として、今回の引っ越しで何がうまくいかなかったのか、そしてどのように成功したのかをまとめていきます。

初めてドメインレベルでのサイトの引っ越しをする方はぜひとも参考にしてください。

 



引っ越し条件

今回のサイト引っ越しでの状況は以下の通りでした。

古いサイトの環境

独自ドメインで運用していた古いサイト。構築はHTMLの直打ちによる完全オリジナルで、カテゴリー分けなどの階層化がされていなかったため、検索エンジンへの印象は低かった(と思う)。

つまり

http;//ドメイン名.com/ページ1
http;//ドメイン名.com/ページ2
http;//ドメイン名.com/ページ3
http;//ドメイン名.com/ページ4
http;//ドメイン名.com/ページ5

という構成。

ただ、内容はかなり濃くて更新頻度も高かったので、アクセスは1日1000PVぐらいはあった。

マネタイズもなかなかうまくいっていて、月に3万円程度は稼いでくれていた、が、先に述べたように更新がめんどくさかったサイト。

ドメインの取得はムームードメインで、レンタルサーバーはロリポップというなんとも維持費がかからなかったいい子。

 

新しいサイトの環境

こちらも独自ドメインでのサイト。サーバーはX-serverで、wordpressをインストールし、php環境での運用となる。

記事のカテゴリー化、パン屑リストの表示など、サイトの階層化をしっかりとさせて、検索エンジンへの評価をよりよくしたいと思っている。

つまり
http;//ドメイン名.com/カテゴリー1/ページ1
http;//ドメイン名.com/カテゴリー1/ページ2
http;//ドメイン名.com/カテゴリー2/ページ3
http;//ドメイン名.com/カテゴリー2/ページ4
http;//ドメイン名.com/カテゴリー3/ページ5

という構成。

WordPressのテーマは、デザインは究極的にダサいけれど、SEO効果は高いと感じられている賢威を採用。

ちなみに、新しいドメインと古いドメインのサイト名は一緒でしたから、新しいドメインのサイトは初めのうちはNo index タグを挿入し、検索エンジンに見つからないようにしていました。

 

サイトの記事を引っ越し

新しいドメインを取得したら、まずは古いサイトから記事をすべて移動させる必要があります。

最初は何かツールを使おうかと思ったのですが、良さそうなものが見つからなかったのですべてコピペで済ますことに。

100記事分の文章を一つ一つコピぺして、記事を移動させて、headタグでの文章の階層化や、”bold”タグを”strong”タグに直すなど、内部のSEOをついでに強化していきました。

画像についてはコピペはできないため、Wordpressの「OnePress Image Elevator」というプラグインを使って、クリップボードからの直接のコピペを可能にし、古いサイトの画像のスクリーンショットをとってそれを直接記事に挿入するという手法をとりました。

画像をひとつひとつダウンロードしていたら時間は4倍はかかっていたと思いますから、この方法はなかなかよかったと自分でも思っています。

記事をコピペしたら、しっかりとカテゴリーを選択して、メタキーワード、記事によってはメタディスクリプションも丁寧に書き、下書きで保存、そして最後に一気に公開しました。

 

ロリポップサーバーに301リダイレクトファイル(.htaccessファイル)をアップロードする。

古いサイトから新しいサイトにアクセスを移すには、.htaccsessファイルというものを作成し、サーバーにアップロードする必要があります。
一度アップロードしてしまえば、全自動でリダイレクトしてくれます。

この.htaccsessファイルの作り方なんですが、僕の場合は少し複雑でした。

301リダイレクトの一番簡単な方法は

Redirect 301 / html http:新URL

という一文を書き、インデックスファイルがあるフォルダにFTPソフトでアップロードすればいいだけです。

ただ、これは移転前と移転後のサイト階層構造が全く同じであることが条件です。

例えばドメイン名が

http://sample.com

というもので、その下にカテゴリーなどで記事を階層化している場合、例えば

http://sample.com/category1/article1
http://sample.com/category1/article2
http://sample.com/category2/article3
http://sample.com/category2/article4
http://sample.com/category3/article5

のようなケースで、

http://sample2.com

というドメインに転送したとすると、個別のファイルの新URLは

http://sample2.com/category1/article1
http://sample2.com/category1/article2
http://sample2.com/category2/article3
http://sample2.com/category2/article4
http://sample2.com/category3/article5

となります。

 

 

しかし、今回の僕の場合は古いサイトと新しいサイトで階層が違いますのでこの方法は使えません。

 

そこで使用したのがRewriteというメソッドです。

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule 古いファイル名 新URL [R=301,L]

と、すべてのファイルについてを書き込んでいけばokです。

例えば
http;//ドメイン名.com/ページ1
http;//ドメイン名.com/ページ2
http;//ドメイン名.com/ページ3
http;//ドメイン名.com/ページ4
http;//ドメイン名.com/ページ5

というカテゴリー分けしたい古いURLのページたちを、カテゴリー分けしてhttp;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ファイル名という感じでリダイレクトしたい場合は

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule ページ1 http;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ページ1 [R=301,L]
RewriteRule ページ2 http;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ページ2 [R=301,L]
RewriteRule ページ3 http;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ページ3 [R=301,L]
RewriteRule ページ4 http;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ページ4 [R=301,L]
RewriteRule ページ5 http;//新ドメイン名.com/カテゴリー名/ページ5 [R=301,L]

と全ファイルを適切なカテゴリーの場所にリダイレクトしてあげれば作業は終了です。

 

簡単にリダイレクトファイルを作る方法

この方法でリダイレクトはバッチリなのですが、なかなか全てのファイルを記述するのは面倒ですよね。

今回のケースでは100件以上の記事があったので、1行1行書いていたら永遠に終わりません。

 

そこで、僕はexcelを使ってこのファイルを一気に作りました。

使うのはconcatenateという関数です。

左のセルからRewriteRule,古いURL名,新URL名,[R=301,L]と記入していき、一番右にはconcatenate関数で半角のスペースを入れつつ全てを結合し、結果を出力します。

その後、出力を全てコピーをして、テキストファイルにペーストすれば作業は一気に終わりました。

この方法で作業にかかる時間は6割は減ったと思います。

是非お試しください。

 

301によるリダイレクトの影響は?

さて、気になるリダイレクトによる影響をお伝えすると、ネット上の評判通り9割程度のアクセスが維持できました。

引っ越し直後は古いサイトがまだ検索結果の上位にいますからアクセス数にはそれほどの違いはでませんでしたが、時間が経つにつれ古いサイトのURLはインデックスから消えていき、新しいサイトが元のポジションにインデックスされるようになりました。

ただ、古いサイトの検索順位はやはり完全には踏襲はできないようで、ニッチなキーワードで上位表示されていた記事は何本か圏外に飛びました。

まあ、しかし9割ものアクセスが維持できつつ、ワードプレスに移行できたので、とっても満足のいく結果となりました。

 

 

 

 

 

以上で今回の引っ越しのレポートは終了です。

初めて301のリダイレクトをするときは検索順位が落ちないか不安だと思いますが、そこまでの悪影響はありませんので、ぜひ安心してトライしてみてください。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。