リスニングのコツは静聴と多聴を繰り返すこと

By | 2013-08-14

 

リスニングのコツは精聴と多聴をバランスよく行うことです。

ハッキリ言うと、これ以外の王道などありません。

精聴とは一つの教材の文章を徹底的に聞く方法です。

内容が完璧になるまで、できれば暗記してしまうほど、一つの教材を聞き続けてください。

精聴を行うことによって英語の発音、文法、単語などが頭に叩き込まれます


多聴とはいろいろな英語の文をかたっぱしから聞いていく方法
です。

どんなジャンルでもいいので、英語をどんどん聴いてください。

この際、細かい文法や単語の意味などにはこだわらなくていいので、とにかく英文の大体の意味をとらえる努力をしてください

多聴によって、文の大体の意味をつかむ感覚、英語のリズムが養われ、さらにすでに理解している文法や単語の忘却の阻止が期待できます。

 

英語学習の基本は、静聴と多聴を繰り返すことです。

巷では「聞き流すだけで英語がわかるようになる」という教材が氾濫していますがどれも嘘です。

リスニング力は上記の2つの方法をバランスよく、根気よく繰り返していく事によって養われます。

「聞き流し英語学習」などという詐欺まがいの教材に惑わされないで日々の努力を大切にしましょう。

 

科学と音楽と猫が好きなScientistです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*