適切なリスニング教材の選び方

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

リスニング用の教材を選ぶときに大切ことは自分のレベルに合ったものを選ぶということです。

自分のレベルに合っていない教材を選んでしまうと、学習に必要以上に時間がかかってしまい、モチベーションの低下につながります。

そこで本格的に学習しようとしている教材を、ざっとでいいので3回聞いてみましょう。

3回聞いて話の全体像がつかめ、ところどころ何を言っているかわからないという教材は自分のレベルに丁度いい教材だと言えます

しかし、注意してほしいのは「3回聞いてもさっぱり内容がわからない」というものです。

この様な教材は、自分のレベルとかけ離れていて、学習しようにも時間がかかりすぎます。

従って、「さっぱりわからない」と感じたなら未練など残さないできっぱりとその教材はあきらめましょう

そして、もっと簡単だと思われるものを選んで学習し、レベルアップしてからその教材に挑戦しましょう。

 

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>