研究室訪問でお菓子を持参する必要性

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学院を受験する前には研究室訪問をするのが現在常識になっていますが、その際にお菓子を持参する必要性はあるのでしょうか。

 

結論から言ってしまえば、私は研究室訪問でわざわざお菓子を持っていく必要はないと考えています。

 

大学院受験をした周りの友達に聞いてみても、研究室訪問の際にお菓子は持っていかなかったそうです。

また、自分の担当教員や知り合いの先生に聞いてみても、研究室訪問でお菓子を持ってくる必要はないし、もし持ってこられても逆に対応に困るからやめてほしいとおっしゃっていました。

ですから、余計な気は使わずに、純粋に研究の話や学生生活を聞けば充分だと思われます。

 

 

巷では、研究室訪問の際には、スーツで、そしてちょっぴり豪華な菓子折りを持っていくのが当たり前と言う人がいますが、そんな人は気にせずに素直に手ぶらで行きましょう。

 

お菓子を持っていかなかったから不合格になるという研究室はありませんし、そんな所があったら行かないほうがましです。

京都在住の科学系なんでもブロガーかつRubyistです。
専門は生物学やビッグデータの解析です。
一人旅が大好きで、休みにはしょっちゅう国内外をぷらぷらしています。

生命科学系の研究や美味しい飲み屋の情報を紹介しています。
また、ライフハック系の記事もよく更新しています。

今回の記事が面白かった・役に立ったら是非シェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ最新記事情報をお知らせいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>